内田 和幸 UCHIDA Kazuyuki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Amyloid angiopathy with cerebral hemorrhage and senile plaque in aged dogs.

    内田 和幸 , 宮内 奏 , 中山 裕之 , 後藤 直彰

    高齢犬の脳で脳出血を伴う脳血管のアミロイド沈着と老人斑が観察された. 検索した全9例(年齢13才から19才)で大脳皮質の中小動脈および毛細血管壁を中心にアミロイドの沈着を認め, 微細形態的にもアミロイド線維を確認した. 脳の出血は6例に存在し, うち2例は重度の出血を示した. これらの出血巣はしばしばアミロイド沈着を伴う血管に近接していた. 老人斑は3例の大脳皮質で認められ, 組織学的に, 変性し …

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(3), 605-611, 1990

    J-STAGE DOI

ページトップへ