宮沢 孝幸 MIYAZAWA Takayuki

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • Existence of feline immunodeficiency virus infection in Japanese cat population since 1968.

    古谷 哲也 , 川口 寧 , 宮沢 孝幸 , 藤川 勇治 , 遠矢 幸伸 , 畔高 政行 , 高橋 英司 , 見上 彪

    1966年から1989年にかけて東京近郊ならびに札幌で採取した保存ネコ血清439検体を用いて, ネコ免疫不全ウイルス(FIV)に対する抗体調査を行った. その結果, 1968年に採取した血清18検体中2検体からFIV特異抗体が検出された. また1968年以降の年次別FIV陽性率は0%から33.3%の間を変動し, 全体陽性率は45/439(10.3%)であった.

    日本獸醫學雜誌(The Japanese Journal of Veterinary Science) 52(4), 891-893, 1990

    J-STAGE

ページトップへ