応和 俊雄 Owa T.

ID:9000254201502

神戸製鋼所 Kobe Steel Works Co. Ltd. (1953年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 熔接部の窒素に関する物理的研究(第1報)

    応和 俊雄 , 雛本 節夫

    以上の実驗結果から次の事が推論される.<BR>1)熔接条件一定ならば,熔着金属の硬度ならびに格子常数(弾性歪)は大体窒素,酸素量に比例する.<BR>2)焼戻過程における硬度,格子常数変化は,過飽和窒素の窒化物としての析田により説明される.<BR>なお,衝撃試驗結果,Internal micro-stressについては,続いて報告する予定である.

    溶接学会誌 22(2), 53-56, 1953

    J-STAGE DOI

ページトップへ