塚原 東吾 TSUKAHARA Togo

ID:9000265262253

神戸大学国際文化学部 Faculty of Intercultural Studies, Kobe University (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 幕末期(1859~1862年)のロシア領事館における気象観測記録と気象庁データの均質化にもとづく函館の気温の長期変動

    財城 真寿美 , 木村 圭司 , 戸祭 由美夫 , 塚原 東吾

    小氷期の末期にあたる江戸時代後期には,まだ気象庁による公式の気象観測が開始されていなかったため,気象庁のデータは当時までさかのぼることができない。一方で,幕末期の函館において1859~1862 年の4年間にわたり,ロシア領事館付のロシア人医師アルブレヒトが気象測器を使用した観測記録が残存していることが分かった。この幕末期の気象観測データは,現在の函館地方気象台のデータとは観測地点や観測頻度が異なる …

    地理学論集 89(1), 20-25, 2014

    J-STAGE DOI

ページトップへ