菊谷 早絵 KIKUTANI Sae

ID:9000300212814

関西学院大学理工学部 (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 海洋性ケイ藻の炭素固定機構:海洋の食物生産を維持・制御するメカニズム

    松田 祐介 , 中島 健介 , 菊谷 早絵

    海洋性ケイ藻類は,多様な水圏に適応し,地球一次生産(光合成)の約20%を担う生物として近年注目された.その結果,21世紀に入ってからゲノムインフラが整備され分子研究の端緒についた生物である.ケイ藻の分子研究は地球環境科学分野だけにとどまらず,バイオエネルギー,有用物質生産,およびナノテクなどの農・工学分野からも注目を集める.一方でケイ藻は,二次共生の謎やその過程で醸成されたユニークな代謝・生理など …

    化学と生物 52(8), 519-529, 2014

    J-STAGE DOI

ページトップへ