今井 道夫

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • ダンスと哲学

    今井 道夫 , Imai Michio

    ダンスを哲学的思索の対象として取り上げるための基礎作業を行う。哲学の祖ソクラテスのダンスへのかかわりの確認から始めて、古典古代におけるダンス論として知られるルキアノス「ダンスについて」を検討し、この著作がダンスの哲学にむかう貴重な第一歩であることを示す。さらに先に進むためには、哲学者たちがダンスにふれた文献を探し出すことが肝要であり、ニーチェ、ブロッホ、ベルクソンを取り上げる。

    法政大学スポーツ健康学研究 6, 15-22, 2015-03

    機関リポジトリ

ページトップへ