TADA TOSHITAKA

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 民法177条と信頼保護

    多田 利隆 , タダ トシタカ , TADA TOSHITAKA

    物権には排他性・絶対性が認められるので、その所在や内容について外から認識できるようにしておかないと、人々が不測の不利益を被るおそれがある。そこで、物権関係はできるだけ公示すべきだという法原則が求められることになる。これを、一般的に、公示の原則という。この原則は、物権関係を、予め定めた一定の外形すなわち公示方法と結びつけ、物権変動の成否やその対外的な主張の可否をそのような外形の有無にかからしめる制度 …

    西南学院大学法学論集 47(2・3), 172-204, 2015-02

    機関リポジトリ

ページトップへ