Sakti Sakriani Sakti Sakriani

ID:9000300662933

奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 脳波のチャネル間相関の事前分布を利用した確率的目的成分強調 (ニューロコンピューティング)

    真木 勇人 , 戸田 智基 , Sakti Sakriani [他] , Neubig Graham , 中村 哲

    脳波の振幅は非常に小さく,外部からのアーチファクト混入に対しても極めて脆弱であるため,そのままでは特徴を分析するのが難しい.脳波のS/N比を向上させるために,加算平均法や独立成分分析を用いるのが一般的である.加算平均法はリアルタイム処理が行えなくなる等の問題が生じる一方,独立成分分析には分離可能な信号源の数に問題がある.音源分離の分野では,脳波の観測を時間周波数領域上の確率モデルで仮定し,最尤推定 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(104), 237-242, 2014-06-25

ページトップへ