Noisternig Markus

ID:9000300663040

UMR STMS IRCAM-CNRS-UPMC (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 頭部伝達関数データセット記述の標準化を目指したSOFA : Spatially Oriented Format for Acoustics (応用音響)

    岩谷 幸雄 , 渡邉 貫治 , Majdak Piotr [他] , Noisternig Markus , 鈴木 陽一 , 坂本 修一 , 高根 昭一 , 佐藤 宗純

    頭部伝達関数(Head-related transfer function:HRTF)や,室内インパルス応答(Directional room impulse responses:DRIR)は,3次元音空間のレンダリングばかりでなく,その知覚や物理的性質を知るための重要な指標である。このため,世界各国のさまざまな研究機関でHRTFやDRIRのデータセットの測定や,蓄積化が行われている。一方,それら …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(112), 19-23, 2014-06-27

ページトップへ