大村 健二 Omura Kenji

ID:9000302392385

上尾中央総合病院 外科・腫瘍内科 Department of Surgery, Medical Oncology, Ageo Central General Hospital (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • がん細胞の代謝と栄養

    大村 健二

    がん組織が曝される低酸素状態では、それに適応するように様々なタンパクの誘導、遺伝子の活性化が起こる。<i>HIF-1</i>は、その中心的役割を果たす。<i>HIF-1</i>は解糖系の酵素群を誘導し、グルコース由来のアセチル CoAの TCAサイクルへの流入を抑制する。さらに、ピルビン酸からの乳酸の生成を促進する。そのため、ミトコンドリアから細胞質 …

    日本静脈経腸栄養学会雑誌 30(4), 907-910, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ