秋山 虔 Akiyama Ken

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 「螢」巻の物語論(文学における虚構とは何か,文学の部,<特集>日本文学協会第40回大会報告)

    秋山

    『源氏物語』「螢」巻の物語論は、光源氏と玉鬘との対話の過程において、物語についての通念を百八十度逆転させ、物語こそ人間の歴史を過不足なく構築するものであると主張する。この主張には律令政府の伝統的価値規範にもとづく一定の公的立場から書かれた官撰国史の権威をも一蹴する気概を感取しうるが、ここに展開される虚構の理論は、とりもなおさず『源氏物語』の作者による『源氏物語』創作の方法についての自注と解すること …

    日本文学 35(2), 49-57, 1986

    CiNii 外部リンク J-STAGE

ページトップへ