柴田 義春 SHIBATA Yoshiharu

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 積雪期におけるノウサギ・キツネの垂直分布と生息数 : 北海道石狩・留萌地方における

    柴田 義春 , 林 知己夫 , 林 文 , 樋口 輔三郎 , 豊島 重造

    1. 冬期足跡の,写真データによるノウサギの垂直分布は,低地平野部から高山(ここでは標高800m)にいたるまで広く分布しているのにたいし,キツネでは標高300m以下の低地帯に分布し,その多くは散在する人家周辺であった。これは,両種の食性の相違によるものと思われ,とくにこの季節において,キツネの人間生活への依存性が強くうかがわれた。2. ビュッホン法による推定密度は,ノウサギで1ha当たり0.053 …

    野兎研究会誌 17(0), 13-20, 1990

    J-STAGE

ページトップへ