生田 理恵子

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • King Learの絶望

    生田 理恵子

    劇「リア王」は「年老いた」ことによりもたらされた痛ましい悲劇である。中心人物であるリアもグロスターも老人である。両者ともに同じ過ちを犯し、それが悲劇に繋がっていく。二人は物事の本質を見ずに外側だけで判断する。年老いてくると判断力が次第に衰え、感情が先に立ち、正常な判断ができなくなるのだ。リアは姉娘たちの見せかけの愛情を信じ、グロスターは、非嫡出子のエドモンドの見せかけの忠誠心を信じてしまう。両者と …

    紀要 = Bulletin Vol. 4, 41-56, 2012-03-01

    機関リポジトリ

ページトップへ