渋谷 咲月 Shibutani Satsuki

ID:9000303643847

大阪工業大学情報科学部 Faculty of Information Science and Technology, Osaka Institute of Technology (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  6件中 1-6 を表示

  • 認知障がい者の気づきや意欲を誘発する振り返り支援システム構成のための基礎的検討 (福祉情報工学)

    佐野 睦夫 , 大井 翔 , 渋谷 咲月 [他] , 水野 翔太 , 池ヶ谷 剛 , 中山 佳代 , 大出 道子 , 田渕 肇 , 仲地 良子 , 斎藤 文恵 , 加藤 元一郎

    我々は,認知症や高次脳機能障がい者に代表される認知障がい者の日常生活の自立を目指し,調理行動を始めとする日常行動をリハビリ対象として認知リハビリテーション支援システムの研究を進めている.本研究では,ウェアラブルセンサから取得された行動履歴に基づき,遂行機能および注意機能の自動評価を行い,気づきや意欲を効果的に引き出すための振り返り支援システム構成の基礎的検討を行った結果を報告する.

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(512), 125-130, 2015-03-13

  • アドリブを許容する調理動作認識方式と遂行機能自動評価方式の基礎的検討 (マルチメディア・仮想環境基礎)

    大井 翔 , 佐野 睦夫 , 池ヶ谷 剛 [他] , 水野 翔太 , 渋谷 咲月 , 中山 佳代 , 大出 道子 , 田渕 肇 , 仲地 良子 , 斉藤 文恵 , 加藤 元一郎

    日常生活の調理行動においては,代替食材の積極活用に基づく計画立案能力や,手順が間違ったときのリカバリや調理器具を探すなどの行為計画能力,工程にかかる時間を予測し別のタスクを並行的に遂行する時間判断能力などの遂行能力が要求される.本研究では,このようなアドリブ行為として発生するパスを許容する調理動作認識方式を提案するとともに,この方式に基づき遂行機能を自動評価する方式の基礎的検討を行う.

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(487), 161-166, 2015-03-03

  • アドリブを許容する調理動作認識方式と遂行機能自動評価方式の基礎的検討 (画像工学)

    大井 翔 , 佐野 睦夫 , 池ヶ谷 剛 [他] , 水野 翔太 , 渋谷 咲月 , 中山 佳代 , 大出 道子 , 田渕 肇 , 仲地 良子 , 斉藤 文恵 , 加藤 元一郎

    日常生活の調理行動においては,代替食材の積極活用に基づく計画立案能力や,手順が間違ったときのリカバリや調理器具を探すなどの行為計画能力,工程にかかる時間を予測し別のタスクを並行的に遂行する時間判断能力などの遂行能力が要求される.本研究では,このようなアドリブ行為として発生するパスを許容する調理動作認識方式を提案するとともに,この方式に基づき遂行機能を自動評価する方式の基礎的検討を行う.

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(486), 161-166, 2015-03-03

  • アドリブを許容する調理動作認識方式と遂行機能自動評価方式の基礎的検討 (イメージ・メディア・クオリティ)

    大井 翔 , 佐野 睦夫 , 池ヶ谷 剛 [他] , 水野 翔太 , 渋谷 咲月 , 中山 佳代 , 大出 道子 , 田渕 肇 , 仲地 良子 , 斉藤 文恵 , 加藤 元一郎

    日常生活の調理行動においては,代替食材の積極活用に基づく計画立案能力や,手順が間違ったときのリカバリや調理器具を探すなどの行為計画能力,工程にかかる時間を予測し別のタスクを並行的に遂行する時間判断能力などの遂行能力が要求される.本研究では,このようなアドリブ行為として発生するパスを許容する調理動作認識方式を提案するとともに,この方式に基づき遂行機能を自動評価する方式の基礎的検討を行う.

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(485), 161-166, 2015-03-03

  • D-12-78 生活密着型認知リハビリに向けた片付けタスクの注意機能評価(D-12.パターン認識・メディア理解B(コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス),一般セッション)

    大井 翔 , 池ヶ谷 剛 , 渋谷 咲月 , 水野 翔太 , 佐野 睦夫 , 田渕 肇 , 仲地 良子 , 斎藤 文恵 , 加藤 元一郎

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2015年_情報・システム(2), 130, 2015-02-24

  • 14-6 高次脳機能障がい者の認知リハビリテーションのための調理中の注意行動自動評価と振り返り支援システム(第14部門 ヒューマンインフォメーション2)

    大井 翔 , 佐野 睦夫 , 水野 翔太 , 渋谷 咲月 , 池ヶ谷 剛 , 杉谷 正成 , 中山 佳代 , 大出 道子 , 荻原 摩紀 , 杜 邦 , 近藤 一晃 , 中村 裕一

    We have conducted ADL cognitive cooking rehabilitations for dementia patients and higher brain dysfunction people to promote their self-reliance. This paper focuses on attention behavior during cookin …

    映像情報メディア学会年次大会講演予稿集 (2014), 14-6-1"-"14-6-2", 2014-09-01

ページトップへ