宇多 高明 UDA Takaaki

ID:9000303998657

一般財団法人土木研究センターなぎさ総合研究室,日本大学理工学部海洋建築工学科 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 海岸侵食問題の縮図 - 一宮海岸の例

    清野 聡子 , 宇多 高明 , 大谷 靖郎 , 大木 康弘

     侵食対策を進めるに際しては経済投資効果が強く求められるため,工学的に最適と考えられる手法ではなしに応急的な対策を進めざるを得ない場合が多い.また,漂砂バランスの崩れから侵食が発生した場合,被害の著しい場所から対策を進めることは侵食区域を下手側に移すのみの結果に至ると知りつつも,社会的条件がそれを許さないこともある.問題の解決を図るにはこの種の問題について正面から取り組み,制度の改善をも含む取組が …

    土木学会論文集B3(海洋開発) 71(2), I_437-I_442, 2015

    J-STAGE

ページトップへ