絹谷 清剛

ID:9000303999580

金沢大学医学保健研究域医学系核医学 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 「特集2.内分泌疾患におけるPET」によせて

    絹谷 清剛

    FDG-PETは種々の内分泌腫瘍性疾患に用いられており,乳癌,甲状腺癌ではルーチン検査となっていることと推察する。原理は,悪性腫瘍のグルコース利用亢進をターゲットとしたものであり,一般に集積の強いものほどaggressiveである。そのため,半定量評価指標であるSUV(standardized uptake value)が一人歩きしてしまい,臨床医がこの値に振り回されている現場を時に経験する。また …

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 32(2), 91-91, 2015

    J-STAGE

ページトップへ