社会政策 社会政策学会 5(1) (20131030)

 CiNii Books

表紙  本文: CiNii   
社会政策(標題紙)  本文: CiNii   
目次  本文: CiNii   
就職専念期間の必要性 : せっかちな日本社会の見直しを  本文: CiNii    1-3
「新しい公共」と社会政策(<特集>「新しい公共」と社会政策-社会政策学会第125回大会共通論題)  本文: CiNii    5-14
公共の新しさと「新しい公共」(共通論題コメント,<特集>「新しい公共」と社会政策-社会政策学会第125回大会共通論題)  本文: CiNii    15-18
変容する福祉サービスと「新しい公共」 : 日本における準市場化の動向と課題(<特集>「新しい公共」と社会政策-社会政策学会第125回大会共通論題)  本文: CiNii    19-31
日本における非営利組織論の諸相 : 事業と公共性の観点から(<特集>「新しい公共」と社会政策-社会政策学会第125回大会共通論題)  本文: CiNii    32-49
イタリアにおける「補完性原理」受容のプロセス : 自治体と非営利・協同事業組織の関係を題材として(<特集>「新しい公共」と社会政策-社会政策学会第125回大会共通論題)  本文: CiNii    50-60
福祉国家転換と「新しい公共」 : 脱商品化・脱家族化・脱集権化のガバナンス(<特集>「新しい公共」と社会政策-社会政策学会第125回大会共通論題)  本文: CiNii    61-72
「古い公共」から「新しい公共」へ : 歴史的視点からみる地域団体(小特集に寄せて,<小特集1>地域における「新しい公共」の担い手-長野県からの報告)  本文: CiNii    73-82
長野県における協働推進の取組み(<小特集1>地域における「新しい公共」の担い手-長野県からの報告)  本文: CiNii    83-91
「新しい公共」 : NPOの現場について感じること(<小特集1>地域における「新しい公共」の担い手-長野県からの報告)  本文: CiNii    92-99
「新しい公共」と社会福祉法人の役割(<小特集1>地域における「新しい公共」の担い手-長野県からの報告)  本文: CiNii    100-110
小特集に寄せて(小特集趣旨,<小特集2>スウェーデンの雇用・労働・労使関係)  本文: CiNii    111
職業教育改革にみる就労ラインの修正 : 第3の就労ライン(<小特集2>スウェーデンの雇用・労働・労使関係)  本文: CiNii    112-123
スウェーデン型組織の成り立ちと構造 : 生産組織の編成原理モデル化への試み(<小特集2>スウェーデンの雇用・労働・労使関係)  本文: CiNii    124-135
スウェーデン労使関係の動向 : 職場の組合の交渉力と労使関係の二層構造(<小特集2>スウェーデンの雇用・労働・労使関係)  本文: CiNii    136-151
男性稼ぎ主モデルと女性労働  本文: CiNii    152-164
社会的包摂戦略としてのワークフェアの限界と参加所得  本文: CiNii    165-176
米澤旦著, 『労働統合型社会的企業の可能性 : 障害者就労における社会的包摂へのアプローチ』, ミネルヴァ書房, 2011年  本文: CiNii    177-180
山村りつ著, 『精神障害者のための効果的就労支援モデルと制度 : モデルに基づく制度のあり方』, ミネルヴァ書房, 2011年  本文: CiNii    181-183
李蓮花著, 『東アジアにおける後発近代化と社会政策 : 韓国と台湾の医療保険政策』, ミネルヴァ書房, 2011年  本文: CiNii    184-187
垣田裕介著, 『地方都市のホームレス : 実態と支援策』, 法律文化社, 2011年  本文: CiNii    187-190
戸室健作著, 『ドキュメント 請負労働180日』, 岩波書店, 2011年  本文: CiNii    190-193
SUMMARY  本文: CiNii    194-200
学会記事 2012年度秋  本文: CiNii    201-204
社会政策学会誌投稿規程  本文: CiNii    205
社会政策学会誌執筆要領  本文: CiNii    205-207
編集後記  本文: CiNii    208
訂正  本文: CiNii    208
社会政策学会誌査読専門委員一覧  本文: CiNii    208
社会政策学会誌編集委員一覧  本文: CiNii    208
奥付  本文: CiNii   
社会政策学会誌 社会政策  本文: CiNii   
裏表紙  本文: CiNii