アレルギー 一般社団法人日本アレルギー学会 17(9) (19680930)

 CiNii Books

表紙  本文: CiNii   
[OTHERS]  本文: CiNii   
気管支喘息の臨床病理学的研究 気管支粘膜所見と喀痰所見  本文: CiNii    707-725, 764
職業性喘息に関する研究 : 第1報.毛筆制作地域における喘息調査成績.  本文: CiNii    726-730, 764-765
腎炎患者にみられた血中および尿中の抗組織抗体  本文: CiNii    731-736, 765
The Effect of SO_2 upon the Sensitization with Albumin through the Airway in Rats  本文: CiNii    737-744, 765
食餌性アレルギーの免疫学的研究 : 第1編 抗原ないしはアレルゲンの経口投与によるPCA反応およびPrausnits-Kustner反応  本文: CiNii    745-751, 766
食餌性アレルギーの免疫学的研究 : 第2編.^<131>I結合卵白アルブミンによって検出されるIgG, IgA抗体及び未同定の抗体について  本文: CiNii    752-763, 766
欧文抄録  本文: CiNii    764-766
[OTHERS]  本文: CiNii   
1.花粉アレルゲンの研究(抗原I)  本文: CiNii    29
2.花粉症の研究(抗原I)  本文: CiNii    30
3.愛知県下の花粉アレルゲン感作状況について(抗原I)  本文: CiNii    30
4.室内塵に関する研究(抗原I)  本文: CiNii    30-31
5.家屋塵中のアレルゲンについての研究(抗原I)  本文: CiNii    31
6.鼻副鼻腔における細菌性アトピー型アレルギーの検討(抗原II)  本文: CiNii    31-32
7.Anisakis幼虫体抽出液ならびに同虫体の排泄物, 分泌物抗原による皮内反応(抗原II)  本文: CiNii    32-33
8.蚊によるアレルギーの1例(抗原II)  本文: CiNii    33
9.昆虫(膜翅目)アレルギーに関する研究(抗原II)  本文: CiNii    33-34
10.コラーゲン血清の影響について(第4報) : 培養線維芽細胞に対する抗コラーゲン血清の影響について(抗原II)  本文: CiNii    34-35
11.マウスにおけるArthus反応(続報)(Arthus反応, PCA反応)  本文: CiNii    35
12.抗炎症剤によるArthus反応の阻害(Arthus反応, PCA反応)  本文: CiNii    35-36
13.角膜のアレルギー性病変とフィブリノイド(Arthus反応, PCA反応)  本文: CiNii    36-37
14.アゾ蛋白によるPCA反応(第3報)(Arthus反応, PCA反応)  本文: CiNii    37-38
1.二次免疫反応における抗原認識機構  本文: CiNii    38-39
2.室内塵とダニとの抗原性の関係についての研究  本文: CiNii    39
3.リンパ節ならびに胸管内における抗体産生細胞の形態学的, 機能的研究  本文: CiNii    39-40
15.ヒトγG-globulinの抗原構造と生物学的活性に関する研究(免疫血清I)  本文: CiNii    41
16.IgA-, IgG-rheumatoid Factorの検出(免疫血清I)  本文: CiNii    41-42
17.γM抗体の抗原結合能にする研究(第1報)(免疫血清I)  本文: CiNii    42-43
18.イヌの免疫グロブリン(II)γ_1グロブリンの免疫化学的, 生物学的性質(免疫血清I)  本文: CiNii    43
19.各種疾患患者血清中の7SγMグロブリン(免疫血清I)  本文: CiNii    43-44
20.ヒト血清α-グロブリンを区別する同種沈降抗体(免疫血清II)  本文: CiNii    44-45
21.沈降性の抗体と補体結合性の抗体の本質的な差異を示す若干の実験(免疫血清II)  本文: CiNii    45
22.ウサギ抗benzylpenicilloyl沈降抗体の解析(免疫血清II)  本文: CiNii    46
23.アスペルギルス菌球症の沈降抗体について(免疫血清II)  本文: CiNii    47
24.Radioimmunoelectrophoresisによる抗牛乳抗体の検索(免疫血清II)  本文: CiNii    47-48
25.Cytophilic Antibodyの生物学的意義(免疫血清II)  本文: CiNii    48-49
26.Agar-Bullet法による腹腔内細胞の免疫学的特性の検討(免疫血清II)  本文: CiNii    49-50
27.腎における抗原抗体反応に関する研究(第12報)(肝腎, とアレルギー)  本文: CiNii    51-52
28.同種免疫実験的腎炎の研究 : (4)Immune Complex Lesionの可能性の検討(肝腎, とアレルギー)  本文: CiNii    52
29.肝炎の免疫病理学的研究(第4報) : ラットの実験的肝炎とその解析の試み(肝腎, とアレルギー)  本文: CiNii    52-53
30.肝疾患時の血中免疫グロブリンと肝組織内免疫グロブリン及びβ_<1C>-グロブリンの局在(肝腎, とアレルギー)  本文: CiNii    53-54
31.肝疾患における免疫化学的研究-実験的肝障害時のAnti-tissue Reactant(肝腎, とアレルギー)  本文: CiNii    54-55
1.肝臓におけるアレルギーの病理組織学的表現(肝臓とアレルギー)  本文: CiNii    55
2.肝障碍におけるアレルギー因子について(肝臓とアレルギー)  本文: CiNii    55-56
3.慢性肝疾患の免疫学的研究(肝臓とアレルギー)  本文: CiNii    56
4.Virus性肝炎の肝臓にみられるいわゆる免疫細胞の解析(肝臓とアレルギー)  本文: CiNii    57
5.免疫グロブリンからみた肝疾患の治療(肝臓とアレルギー)  本文: CiNii    57-58
[OTHERS]  本文: CiNii   
1.抗原の化学, リゾチームの抗原性(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    59
2.抗原の抽出, 精製(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    60
3.薬剤の抗原性獲得機序に関する検討(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    60-61
4.Penicillin抗原について(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    61-62
5.光線アレルギーと抗原(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    62-63
6.コラーゲンの抗原性(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    63
7.Patch-test抗原(皮膚反応における抗原の検討)  本文: CiNii    63
1.序論とその成立(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    64
2.臨床(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    64-65
3.病理(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    65-66
4.マウス骨髄腫の染色体異変と蛋白質合成(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    66-67
a)抗体欠乏症候群としての単クロン免疫グロブリン血症  本文: CiNii    67
b)γD免疫グロブリンの精造(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    67
c)虫垂並びに胸腺剔出レ線照射家兎にみられる異常免疫グロブリン血症(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    68
d)マウスの実験的形質細胞腫の病理組織像(単クロン免疫グロブリン血症とその病像)  本文: CiNii    68-69
32.自己免疫疾患の基礎的並に臨床的研究(第7報) : 放射性ヨード標識IgG及びAlbumin代謝の研究(免疫血清III)  本文: CiNii    70-71
33.呼吸器疾患における血清蛋白像, とくに免疫グロブリンレベルについて(免疫血清III)  本文: CiNii    71
34.各種肺疾患における免疫グロブリンのレベルとその血清蛋白分〓との関係(免疫血清III)  本文: CiNii    71-72
35.小児気管支喘息患者の血清Globulin値(免疫血清III)  本文: CiNii    72-73
36.新生児のワッセルマン抗体と免疫グロブリン(免疫血清III)  本文: CiNii    73-74
37.正常人胎児胸腺における免疫グロブリン産生とHCGの意義(免疫血清III)  本文: CiNii    74
38.Adenosine triphosphate(ATP)によるヒスタミン遊離(化学作用物質)  本文: CiNii    74-75
39.鼻アレルギーにおける鼻粘膜感受性の定量的観察 : その観察方法とヒスタミンに対する感受性について(化学作用物質)  本文: CiNii    75-76
40.気管支喘息患者における肺肥胖細胞と肺ヒスタミン値について(化学作用物質)  本文: CiNii    76-77
41.蛍光光度計を用いるヒスタミン定量法の隘路の検討(第1報)(化学作用物質)  本文: CiNii    77-78
42.電気泳動刺戟装置による抗ヒスタミン剤の検定法(化学作用物質)  本文: CiNii    78
43.炎症における遅延型血管透過の機構について(化学作用物質)  本文: CiNii    78-79
44.Arthus炎症局所における多核白血球遊走因子(Leukoegresin)の精製とその生物作用(化学作用物質)  本文: CiNii    79-80
45.抗原抗体反応による血管透過性の定量的研究(化学作用物質)  本文: CiNii    80-81
46.セロトニン(5HT)の蛍光組織化学 胃腸管におけるる分布とAusopharmacological Agentとしての急性胃潰瘍発生作用(化学作用物質)  本文: CiNii    81
47.ショックの発来と抑制機構に関する研究, 特にキニン生成系とその阻害効果の影響(ショック)  本文: CiNii    82
48.アナフィラキシーにおけるキニン生成の機作 : 血漿因子と組織因子の変動(ショック)  本文: CiNii    82-83
49.ショックと肥胖細胞の病理(ショック)  本文: CiNii    83-84
50.アナフィラキシーショック時におけるLDH(ショック)  本文: CiNii    84
51.薬剤ショック, 薬剤中毒にみられた脂質代謝異常について(ショック)  本文: CiNii    84-85
52.Pyridinol carbamateの局所性Shwartzman現象に対する作用について(Shwartzman現象)  本文: CiNii    85-86
53.Shwartzman現象と癌との関係に関する研究(続報)(Shwartzman現象)  本文: CiNii    86
54.実験的血管炎の研究(II)(Shwartzman現象)  本文: CiNii    86-87
55.In vitroにおける遅延型アレルギー(移植免疫, 癌の免疫)の研究(遅延型反応)  本文: CiNii    87-88
56.腹腔滲出細胞群の遅延型アレルギー関与細胞について(遅延型反応)  本文: CiNii    88
57.遅延型アレルギーの発現機構に関する免疫病理学的研究 : (I)結核児腹腔細胞に対するツベルクリン蛋白の作用(遅延型反応)  本文: CiNii    88-89
58.EAE(実験的アレルギー性脳脊ずい炎)発症の促進と抑制(第2報)(遅延型反応)  本文: CiNii    89-90
59.多糖体-蛋白結合物の皮内反応活性について(遅延型反応)  本文: CiNii    90
60.サルコイドージスにおける遅延型過敏性について(遅延型反応)  本文: CiNii    90-91
61.アネルギー症候群(仮称)(遅延型反応)  本文: CiNii    91
[OTHERS]  本文: CiNii   
62.気管支喘息発作と気象との関係(喘息I)  本文: CiNii    93
63.気管支喘息の病理, 特に肺自律神経の形態的変化について(喘息I)  本文: CiNii    93-94
64.気管支喘息の病態生理にかんする研究(第9報) : 喘息気管支壁の吸収能と肺局所循環動態を中心として(喘息I)  本文: CiNii    94-95
65.発作頻発型気管支喘息患者の副腎機能の検討(喘息I)  本文: CiNii    95
66.乳児期喘息(Infantile Asthma)に関する臨床的研究(喘息I)  本文: CiNii    96
67.気管支喘息児両親の気道過敏性と非喘息児気道過敏性の年令的推移について(喘息I)  本文: CiNii    96-97
68.動脈血ガスと喘息状態との関係(喘息I)  本文: CiNii    97
69.気管支喘息患者の動脈血ガス分析について(喘息I)  本文: CiNii    97
70.経気道感作におよぼすO_3, NO_3およびSO_2暴露の影響(喘息I)  本文: CiNii    97-98
71.SO_2混合ガスによる気管支喘息患者の気道収縮機構について(喘息I)  本文: CiNii    98
72.遅延型アレルギー反応が喘息患者の呼吸器症状に及ぼす影響(喘息II)  本文: CiNii    98-99
73.小児気管支喘息にたいするPeak Expiratory Flow Rateの変化を指標とした吸入誘発試験について(喘息II)  本文: CiNii    99
74.気管支喘息における呼吸抵抗測定の有用性(喘息II)  本文: CiNii    99-100
75.慢性閉塞性肺疾患におけるアレルギー要因について(喘息II)  本文: CiNii    100
76.四日市地区における慢性閉塞性肺疾患の臨床的研究-好酸球の動態を中心にして(喘息II)  本文: CiNii    101
77.気管支喘息に関する研究(第3報)皮内反応における好塩基球の動態を中心に(喘息II)  本文: CiNii    101-102
78.小児の気管支喘息及びアレルギー性気管支炎(前段階)における鼻汁, 喀痰の細胞像に関する研究(喘息II)  本文: CiNii    102-103
79.気管支喘息のBronchial Washingによる細菌学的観察(第3報)(喘息II)  本文: CiNii    103
80.花粉症の研究(IV) : 札幌地方のヨモギ花粉症(喘息III)  本文: CiNii    103-104
81.イネ花粉喘息(喘息III)  本文: CiNii    104-105
82.Japanese Ceder Pollinosisについて(喘息III)  本文: CiNii    105-106
83.気管支喘息の研究(第3報) : 「くわ材」により惹起されたと考えられる職業性喘息の症例について(喘息III)  本文: CiNii    106
84.気管支喘息の研究(第4報)「ひかげのかづら」胞子によると考えられる職業性喘息の症例について(喘息III)  本文: CiNii    106-107
85.いわゆる米杉喘息に関する研究(第1報)(喘息III)  本文: CiNii    107
86.ホヤ喘息に関する研究(第10報)作業環境の改善とホヤ喘息(喘息III)  本文: CiNii    108
87.カンジダ喘息の研究(第1報) : カンジダエキス吸入誘発試験の検討(喘息III)  本文: CiNii    108-109
88.気管支喘息発症機序に関する研究(第1報)(喘息III)  本文: CiNii    109-110
89.こんにゃく喘息の抗体についての免疫化学的検討(喘息III)  本文: CiNii    110-111
90.喘息患者血清中の特異抗体の多様性とアレルゲンに対する結合順位について(喘息III)  本文: CiNii    111-112
91.モルモットにおける実験喘息に関与する抗体の研究(喘息III)  本文: CiNii    112
92.腸内細菌共通抗原に関する研究, とくに共通抗体による免疫組織化学とその意義について(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    113
93.常在菌アレルギーに関する研究-細菌および組織間における交叉反応性(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    114
94.マウスにおけるブドウ球菌性骨髄炎の発生に対する感作の影響について(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    114-115
95.気管におけるブドウ球菌壁物質による過敏性現象(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    115
96.溶連菌による感染とアレルギーに関しての実験病理学的研究 : リウマチ型心臓炎の発生について(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    115-116
97.溶連菌感染二次症(アナフィラクトイド紫斑病, 急性糸球体腎炎, リウマチ熱)および猩紅熱における血清免疫グロブリンと補体の動態(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    116-117
98.レンサ球菌感染症の血清学的診断法による検討(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    117-118
99.MycobacteriaのAdjuvant作用に関する研究(第1報) : マウスのアナフィラキシー感作におけるMycobacteria単独のAdjuvant作用(細菌とアレルギー)  本文: CiNii    118
100.経角膜感作時の抗体産生(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    119
101.抗原の経口投与時におけるPFCの推移について(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    119-120
102.抗体産生機構に関する研究(4) : 加令と免疫機能(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    120-121
103.抗体産生母地及びその動的状況について(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    121
104.アレルギー性小児の抗体産生能について(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    121-122
105.離乳に関する食餌アレルギーの立場からの研究(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    122
106.中枢神経と免疫機構との関連性に関する研究(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    123
107.抗体産生抑制に関する研究(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    123-124
108.ステロイド剤の抗体産生抑制作用の検討(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    124
109.ステロイドホルモンおよびグリチルリチンの免疫反応の及ぼす影響(抗体の産生とその抑制)  本文: CiNii    124-125
110.ウィルス学的検索法としての蛍光抗体法, 特に臨床面への応用について(免疫学的手技)  本文: CiNii    125-126
111.トロンボエラストグラフィーによる抗原抗体反応の研究(免疫学的手技)  本文: CiNii    126-127
112.新しい白血球凝集反応とその応用(免疫学的手技)  本文: CiNii    127
113.溶血プラーク法の一般化(免疫学的手技)  本文: CiNii    127-128
114.住血吸虫症におけるCOP反応(免疫学的手技)  本文: CiNii    128-129
115.還元型グルタチオンの血清ワッセルマン反応に対する影響(免疫学的手技)  本文: CiNii    129
116.Mast Cellの蛋白分解酵素の研究(免疫細胞)  本文: CiNii    129-130
117.Phagocytosisの研究(続)(免疫細胞)  本文: CiNii    130-131
118.同種脾細胞注入ウサギにおける免疫学的検索(免疫細胞)  本文: CiNii    131
119.淋巴球の少量培養とその観察法(免疫細胞)  本文: CiNii    132
120.抗原刺戟によるリンパ球の幼若化(免疫細胞)  本文: CiNii    132
121.Passive Immune Adherence(PIA)(補体)  本文: CiNii    133
122.減光度による補体価の測定とその自動化の試み(補体)  本文: CiNii    133-134
123.螢光標識抗β_<1C>グロブリン法による細胞結合抗体の免疫学的解析法の検討(補体)  本文: CiNii    134-135
124.C'3 Inactivatorの分離精製および生物学的活性について(第2報)(補体)  本文: CiNii    135-136
125.C'3 Inactivatorに関する臨床的研究(補体)  本文: CiNii    136
126.正常γ-globulin結合赤血球の補体による溶血現象(補体)  本文: CiNii    136-137
127.変性IgG及びIgGのSubunitのリウマトイド因子に対する抗原性並びに補体とその関係について(補体)  本文: CiNii    137-138
128.遅延型アレルギーと補体との関係について, 特に細胞性抗体と補体との関係を中心として(補体)  本文: CiNii    138-139
129.扁摘に伴う補体の変動(補体)  本文: CiNii    139-140
130.気管支喘息患者の血清補体価に関する研究, とくに補体と減感作(補体)  本文: CiNii    140
131.遺伝性血管経神性浮腫(Hereditary Angioneurotic Edema)の1例(補体)  本文: CiNii    140-141
1.補体とプラスミン(補体とその周辺)  本文: CiNii    141-142
2.リウマチ性疾患と補体(補体とその周辺)  本文: CiNii    142-143
3.血液疾患と補体(補体とその周辺)  本文: CiNii    143
4.移植免疫と補体(補体とその周辺)  本文: CiNii    143-144
5.腫瘍免疫と補体(補体とその周辺)  本文: CiNii    144-145
[OTHERS]  本文: CiNii   
132.心身相関のいわゆるアレルギー性鼻炎について(第1報)(喘息IV)  本文: CiNii    147
133.難治性気管支喘息の検討(喘息IV)  本文: CiNii    148
134.小児科領域における反復性感冒罹患傾向及び所謂喘息様気管支炎児に対するレシチン結合有機ヨードの応用(喘息IV)  本文: CiNii    148-149
135.MS抗原によるアレルギー性疾患の治療に関する研究(喘息IV)  本文: CiNii    149-150
136.気管支喘息に対する抗体産生抑制剤の影響(第2報)(喘息IV)  本文: CiNii    150-151
137.各種免疫抑制剤の気管支喘息に対する効果に関しての実験的研究(第2報)(喘息IV)  本文: CiNii    151
138.小児気管支喘息の特異的減感作療法 : とくに吸入性抗原噴霧吸入療法の経験(喘息IV)  本文: CiNii    151-152
139.喘息の真菌皮内反応及び減感作療法(喘息IV)  本文: CiNii    152-153
1.Blocking Antibodyについて(減感作の基礎と臨床)  本文: CiNii    153
2.減感作療法の効果判定基準(減感作の基礎と臨床)  本文: CiNii    153-154
3.職業喘息の減感作療法(減感作の基礎と臨床)  本文: CiNii    154-155
4.鼻アレルギーの減感作療法(減感作の基礎と臨床)  本文: CiNii    155
5.気管支喘息の減感作療法(減感作の基礎と臨床)  本文: CiNii    155-156
A)病理学及び血清学的方面 : 1.自己免疫性病変の形態学的解析(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    156-157
2.自己抗体のOvarlapping(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    157-158
a)剖検例及び遷延感作実験よりみた自己免疫性疾患のOberlapping(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    158-159
b)日常臨床検査の立場から(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    159
B)臨床的方面 : 1.二, 三の自己免疫疾患のOverlapping(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    159-160
2.Behcet症候群およびリウマチを中心として(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    160-161
3.皮膚症状について(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    161
a)人体Adjuvant病を例として(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    161-162
b)エリテマトーデスを中心とした, いわゆる膠原病のOverlapping(自己免疫性疾患のOverlappingについて)  本文: CiNii    162
140.アデノウィルス感染細胞に現れる特異的抗原とその免疫学的意義(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    163
141.ツベルクリン過敏性に関する研究(第1報) : 抗リンパ球, 抗マクロファージ血清のツ反応に及ぼす影響(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    164
142.抗胸腺細胞血清に関する研究(第1報) : 抗胸腺細胞血清のin vivoにおける作用の特異性並びに螢先標識抗体静注法を利用しての組織局在性について(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    164-165
143.抗人胃液内因子モルモット血清による人胃液内因子含量測定の試み(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    165-166
144.抗ラット胃粘膜血清によるラット胃分泌抑制に関する研究(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    166
145.ヒト胃粘膜細胞顆粒の臓器特異性抗原の分析(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    166-167
146.胃臓器特異性抗原の消失, 特に培養細胞と胃癌細胞について(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    167-168
147.同種移植腎にみられるVascular Lesion(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    168-169
148.選択的リンパ節ブロック法と免疫反応(組織抗原とその周辺)  本文: CiNii    169
149.免疫血液学の研究(第7報)(自己免疫)  本文: CiNii    169-170
150.慢性甲状腺炎の実験的ならびに免疫学的知見(自己免疫)  本文: CiNii    170-171
151.自己免疫疾患基礎的並びに臨床的研究(第5報) : 自己免疫疾患の遺伝学的研究(その2)甲状腺自己抗体の出現を認めたXXiso染色体Turner症候群(自己免疫)  本文: CiNii    171-172
152.重症筋無力症患者リンパ球の組織障害性作用に関する研究(自己免疫)  本文: CiNii    172
153.ラント病と免疫不全(自己免疫)  本文: CiNii    172-173
154.多発性難治性の皮膚潰瘍ならびに関節炎を伴った低免疫グロブリン血症の1例(自己免疫)  本文: CiNii    173-174
155.自己免疫疾患の基礎的並びに臨床的研究(第6報) : 二, 三の自己免疫性疾患, Monoclonal Gammopathy, 悪性リンパ腫の抗体産生能(自己免疫)  本文: CiNii    174-175
156.抗核抗体の臨床的検討(自己免疫)  本文: CiNii    175
157.抗核因子に関する臨床的研究, とくにSLE長期観察例のStaining Titerの変動について(自己免疫)  本文: CiNii    175-176
158.SLEにおける抗DNA抗体価と免疫Gl : 長期観察例における変動について(自己免疫)  本文: CiNii    176-177
159.全身性エリテマトーデスにおける流血中の核抗原性物質及び抗核抗体に関する研究, 特に腎症との関連性について(自己免疫)  本文: CiNii    177-178
160.全身性紅斑性狼瘡における抗核抗体とリウマチ因子に関する研究(自己免疫)  本文: CiNii    178
161.新生児及び幼若乳児とその母親にみられたエリトマトーデスの家族発生例について(自己免疫)  本文: CiNii    178-179
162.エリテマトーデス皮膚病変の細胞組織応答について(自己免疫)  本文: CiNii    179-180
163.固定薬疹の発生機序に関する研究(第2報)(薬物アレルギー)  本文: CiNii    181
164.リンパ球培養による薬疹の原因薬疹決定について(薬物アレルギー)  本文: CiNii    181-182
165.薬疹及び薬剤アレルギーのリンパ球培養(薬物アレルギー)  本文: CiNii    182
166.薬剤アレルギーの臨床的診断方法について(薬物アレルギー)  本文: CiNii    182
167.薬物過敏症の研究(第4報)(薬物アレルギー)  本文: CiNii    182-183
168.薬剤アレルギーの研究 : In vivoにおけるサルファ剤の抗原化(薬物アレルギー)  本文: CiNii    183-184
169.ピリン系薬剤に対する抗体の研究(第2報)(薬物アレルギー)  本文: CiNii    184
170.薬剤アレルギーに関する研究(第2報)(薬物アレルギー)  本文: CiNii    184-185
171.薬剤過敏症に関する研究・(第7報) : Simple Chemicals AllergyにおけるCarrier Protein意義の検討(薬物アレルギー)  本文: CiNii    185-186
172.ブドー球菌毒素α-hemolysinと湿疹様病変との関連について(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    186-187
173.実験的皮膚炎における毛細管透過性因子について(第1報)(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    187
174.皮膚のアレルギー性ならびに各種炎症のアンモニア代謝に関する研究(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    187-188
175.DNCB接触感作モルモットにおけるDNP-同種皮膚結合物による抑制実験(第2報)(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    188-189
176.ステロイド軟膏の作用機序 : 実験的アレルギー性接触皮膚炎の発生に及ぼす影響(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    189
177.螢光抗体法によるアトピー性皮膚炎等の皮膚γ-globulinの観察(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    189-190
178.Sulfa剤による光線過敏症に関する研究(その3) : Sulfanilamideによる光線過敏症におけるP-hydroxylaminobenzene sulfonamideの意義(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    190-191
179.薬物によると思われるBehcet病の1例(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    191
180.Halogenated Phenolesによる光接触皮膚炎(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    191-192
181.寒冷過敏症に関する研究(第1報)統計的観察及びCryoglobulinemiaを中心として(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    192-193
182.蕁麻疹の皮膚末梢神経病理(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    193
183.二, 三皮膚疾患におけるトルコ鞍X線像の観察(第2報) : 慢性蕁麻疹における観察(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    194
184.蕁麻疹の研究(第2報) : 蕁麻疹と消化器症状との関連について(皮膚疾患とアレルギー)  本文: CiNii    194
[OTHERS]  本文: CiNii    195-200