名古屋大學法政論集 名古屋大学 107 (19860320)

 CiNii Books

商法二六〇条二項違反の取引の対外的効力 : 二六五条違反の取引の対外的効力と対比しつつ  1-28
マックス・ウェーバーの憲法構想(二)完 : 「プロイセン=ドイツ問題」をめぐる政治思想史の一断面  29-69
学校制度と教育基本権(二)完 : ドイツ連邦共和国における教育改革を素材として  71-116
クラウス・オッフェの資本制国家論についての一考察(二)完  117-173
一九三〇年代の国内政治体制「革新」構想(三)完 : 蝋山政道の場合  175-214
<研究ノート>執行抗告と執行異議の振り分けの基準について(1) : ドイツ法の検討  215-246
<翻訳>戦後ドイツ国法学基本文献(三) : ヴォルフガング・アーベンロート ドイツ連邦共和国の基本法における民主的で社会的な法治国家の概念について  247-270