名古屋大學法政論集 名古屋大学 251 (20130925)

 CiNii Books

表紙 
社債権の内容に関する社債権者集会の決議事項  1-42
「価値」の行方 : 中期ヴェーバーにおける政治の「意味」  43-92
中国における国家賠償法(一)  93-139
パリ市の音楽政策と都市ガバナンス(一)  141-192
インターネット上の実名制に関する憲法学的考察(二・完): 韓国における公職選挙法と情報通信網法を素材に  193-235
適切な福祉利用の確保とその公法的構成(二)  237-295
行政法を構成する専門職自主法(三)  297-345
ドイツ疾病保険における保険者自治の民主的正統化(三)  347-393
Abschied vom Normalarbeitsverhaltnis?  1-37
刑法130条により保護される行為客体 : とくに「囲繞地」概念について  39-73
派遣先・派遣労働者間の黙示の労働契約の成立を認めた事例 : マツダ事件(山口地判平成二五年三月一三日労働法律旬報一七九五号五一頁)  395-416
相続税の更正の請求手続をし忘れたことによる還付相当額の損害賠償と税理士職業賠償責任保険約款の免責条項  75-98
韓国「加盟本部と加盟事業者間の取引の適正化に関する法律」について : 韓国フランチャイズ法研究序説  99-122
明治期の民法の立法沿革に関する研究資料の再構築  123-147
仲裁と知的財産 : (及び)ある契約上の問題  149-162
執筆者紹介 
奥付 
裏表紙