検索結果13件中 1-13 を表示

  • 名取 俊介 ID: 9000003885849

    富良野協会病院 (2008年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 23件

    • 冠側副血行に及ぼす冠静脈洞内圧上昇の意義-冠静脈洞閉塞法による検討- (1995)
    • P006 一酸化窒素(NO)吸入による冠・肺血管反応性の修飾 : 肺循環系の重要性 (1998)
    • P039 種を超える心臓交感神経活性の空間分布 : norepinephrine(NE)負荷^<123>I-MIBG心筋シンチグラフィー(MIBG)を用いた検討 (1998)
  • 名取 俊介 ID: 9000014533154

    富良野協会病院循環器内科 (2008年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 2件

    • 24)救命し得た劇症型心筋炎の一例(第96回日本循環器学会北海道地方会) (2007)
    • 6) 中隔枝による器質性兼冠攣縮性狭心症の1例(第99回日本循環器学会北海道地方会) (2008)
  • 名取 俊介 ID: 9000020569241

    群馬大学医学部第二内科 (1989年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 右室心内膜心筋生検標本の免疫抗体学的染色で好酸球の浸潤と好酸性か粒を確認した症例 (1989)
  • 名取 俊介 ID: 9000021957919

    北海道社会事業協会富良野病院循環器内科 (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 冠攣縮により心室細動をきたし家人による心肺蘇生, 救急隊による自動体外除細動器により救命できた1例 (2010)
  • 名取 俊介 ID: 9000022017524

    北海道社会事業協会富良野病院循環器内科 (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 冠攣縮により心室細動をきたし家人による心肺蘇生,救急隊による自動体外除細動器により救命できた1例 (2010)
  • 名取 俊介 ID: 9000240094319

    北海道社会事業協会富良野病院循環器内科 (2009年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • T2強調心臓MRI画像にて高信号領域を認めた冠攣縮性狭心症の1例 (2009)
  • 名取 俊介 ID: 9000253623430

    深川市立総合病院内科 (1994年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 非定型抗酸菌による心膜炎が疑われた骨髄異形成症侯群の1症例 (1994)
  • 名取 俊介 ID: 9000253661886

    群馬大学医学部第2内科学教室 (1989年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 大腸菌によるガス産生性敗血症性ショックにより死亡した骨髄異形成症候群の一例 (1989)
  • 名取 俊介 ID: 9000253662248

    群馬大学医学部第二内科学教室 (1990年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 心疾患に合併した虚血性腸疾患の2症例 (1990)
  • 名取 俊介 ID: 9000255952673

    旭川医科大学第1内科 (1998年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第19回カテコールアミンと循環器系研究会 123I-MIBG心集積の空間分布におよぼす外因性norepinephrineの影響:心筋血流分布との対比 (1998)
  • 名取 俊介 ID: 9000256866840

    旭川医科大学第1内科 (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 研究 心病変を合併したMELASに対する心房ペーシングの知見 (1995)
  • 名取 俊介 ID: 9000256873633

    旭川医科大学第1内科 (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 症例 心房頻拍を伴い,心筋生検にてpostmyocarditisの所見を認めた産褥性心筋症の1例:β遮断薬療法の有用性 (2000)
  • 名取 俊介 ID: 9000399797918

    CiNii収録論文: 1件

    • 嗜好品は高血圧にどのような影響を与えるか (特集 二次性高血圧の臨床 : 高血圧の10人に1人は二次性高血圧) -- (実は二次性高血圧の原因として隠れているものは?) (2009)
ページトップへ