検索結果23件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • MATSUOKA Satomi ID: 9000002470362

    Department of Hematology, Sapporo Hokuyu Hospital (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 3件

    • Repeated donor lymphocyte infusions overcome a myeloid sarcoma of the stomach resulting from a relapse of acute myeloid leukemia after allogeneic cell transplantation in long-term survival of more than 10 years (2011)
    • Allogeneic Bone Marrow Transplantation as a Therapeutic Modality for Hematological Disorders : A Report Based on 39 Cases (1994)
    • CARDIOTOXICITY IN HIGH-DOSE CHEMOTHERAPY FOLLOWED BY BONE MARROW TRANSPLANTATION : THE EVALUATION OF LEFT VENTRICULAR FUNCTION (1993)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000006334284

    Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University:JST, CREST (2009年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 6件

    • 1P400 Disturbances in chemotactic signaling by an alteration in membrane lipids(15. Cellular signal transduction,Poster Session,Abstract,Meeting Program of EABS & BSJ 2006) (2006)
    • 1P-176 細胞の自発運動・走化性におけるイノシトールリン脂質の自己組織化現象(細胞生物学的課題(1),第46回日本生物物理学会年会) (2008)
    • 1P-291 拡散係数の異なる2状態を遷移する分子の拡散過程の解析(数理生物学,第46回日本生物物理学会年会) (2008)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000017714876

    Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University:CREST, JST (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 2P222 Polarized membrane localization of PTEN based on multiple states with different diffusion coefficients revealed by single-molecule imaging(The 48th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan) (2010)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000018807873

    Graduate school of Frontier Biosciences, Osaka University:Riken, QBiC (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 2K1548 接着分子によるイノシトールリン脂質代謝系自己組織化パターンの制御(細胞生物的課題2,第49回日本生物物理学会年会) (2011)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000018808011

    Graduate School of Frontier Bioscience, Osaka University (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 3A1522 一分子計測による膜から消えて戻ってくる分子の解析法(3A 生体膜・人工膜4(輸送、情報伝達),日本生物物理学会第49回年会) (2011)
  • MATSUOKA Satomi ID: 9000020917245

    Yatomi Animal Hospital (2007年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • A Rapid Agglutination Assay for Canine Brucellosis Using Antigen Coated Beads (2007)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000259304716

    QBiC, RIKEN:Osaka University (2013年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 1P186 Positive feedback mechanism for PIP3 polarity establishment mediated by PIP3 phosphatase, PTEN(12.Cell biology,Poster,The 51st Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan) (2013)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000259305075

    Osaka University (2013年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 1P276 イノシトールリン脂質代謝系が細胞の自発運動への効果の理論と実験による検証(24. 数理生物学,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度)) (2013)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000303640811

    Quantitative Biology Center (QBiC), RIKEN:Graduate School of Science, Osaka University (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 2P183 細胞極性形成におけるポジティブフィードバック機構の1分子イメージング解析(12. 細胞生物的課題,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度)) (2014)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000303641763

    Riken Quantitative Biology Center (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 3P083 1分子イメージングによるPI3Kの活性制御機構の解析(01E. 蛋白質:計測・解析の方法論,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度)) (2014)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000381958690

    CiNii収録論文: 1件

    • R-Spondin1 expands Paneth cells and prevents dysbiosis induced by graft-versus-host disease (2017)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000396145366

    Department of Hematology, Hakodate City Hospital, Japan (2018年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Stiff-person Syndrome with Waldenström Macroglobulinemia: A Case Report (2018)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000398969171

    Department of Hematology, Hakodate City Hospital, Japan (2018年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Stiff-person Syndrome with Waldenström Macroglobulinemia (2018)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000402582425

    CiNii収録論文: 1件

    • Ruxolitinib protects skin stem cells and maintains skin homeostasis in murine graft-versus-host disease (2018)
  • Matsuoka Satomi ID: 9000001233675

    Department of Biology, Graduate School of Science, Osaka University (2004年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Defect in peroxisomal multifunctional enzyme MFE1 affects cAMP relay in Dictyostelium (2004)
  • 松岡 里実 ID: 9000001972213

    医療法人三慧会IVFなんばクリニック (2007年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 同一症例で比較した2種類の Sequential Medium の有効性に関する検討 (2007)
  • 松岡 里湖 ID: 9000283540308

    市立稚内病院内科 (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Rituximab単独療法後に10年以上の長期寛解が得られている十二指腸原発濾胞性リンパ腫 (2014)
  • 松岡 里湖 ID: 9000363355275

    特定医療法人北楡会 札幌北楡病院 血液内科 (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 3件

    • 造血幹細胞移植患者に対する itraconazole と fluconazole 予防投与の医療経済的検討 (2010)
    • 6.当科における血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)症例の検討(一般論文,日本アフェレシス学会第28回北海道地方会抄録) (2009)
    • 1.同種末梢血幹細胞採取に関するドナー要因の検討(一般演題,日本アフェレシス学会第29回北海道地方会抄録) (2010)
  • 松岡 里湖 ID: 9000399218738

    市立函館病院 血液内科 (2018年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Tocilizumab治療後に血栓性微小血管症を発症したTAFRO症候群 (2018)
  • 松岡 里美 ID: 9000000648159

    九州大学薬学部 衛生化学・裁判化学教室 (1998年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • モルモット肝UDP-グルクロン酸転移酵素 UGT2B21 および UGT2B22のcDNA クローニングとCOS-1 cell における発現 - ヘテロオリゴマー形成によるモルヒネ活性代謝物生成について - (1998)
  • 1 / 2
ページトップへ