検索結果16件中 1-16 を表示

  • MATSUSHIMA Hideaki ID: 9000000549614

    Department of Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Important Role of Tetrahydrofuran Ring in Activation of Hydrogen Peroxide in the Presence of Binuclear Iron(III) Complexes with Linear μ-Oxo Bridge (1995)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000255698646

    Department of Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Magnetic Properties and Crystal Structures of Binuclear Copper(II) Complexes with Heterocyclic Thione Donors of 1,3-Bis(hydroxymethyl)-2-imidazolidinethione and 1-Hydroxymethyl-3-methyl-2-imidazolidinethione. (1995)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000256016465

    Department of Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1998年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Synthesis and Crystal Structure of a Novel Hexanuclear Zr(IV) Complex with Hydroxo and Carboxylato Bridging. (1998)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000256018359

    Department of Chemistry and Applied Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1999年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Structural Characterization and Magnetic Properties of Triply Carboxylato-Bridged Dinuclear Copper(II) Complexes. (1999)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000257706252

    Department of Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Synthesis, Structure, and Magnetic Properties of Dinuclear Copper(II) Complexes with Novel Triple Carboxylato-Bridging Linkages. (1995)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000257706485

    Department of Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Important Role of Tetrahydrofuran Ring in Activation of Hydrogen Peroxide in the Presence of Binuclear Iron(III) Complexes with Linear .MU.-Oxo Bridge. (1995)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000257710428

    Department of Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1997年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • The First Example of .MU.-Oxo-bis-(.MU.-carbozylato) dioxovanadium (IV,V) Complex. (1997)
  • Matsushima Hideaki ID: 9000000127313

    Department of Chemistry and Applied Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Saga University (1999年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 7件

    • The First Example of μ-Oxo-bis(μ-carboxylato)dioxovanadium(IV, V)Complex (1997)
    • Assembly of a Tetranuclear Mixed - Valence Manganese(II, III) Complex from a Binuclear Manganese(II) Complex by Photo - Irradiation (1999)
    • Synthesis, Structure, and Magnetic Properties of Triply Carboxylato-Bridged Dimanganese(II) Complexes (1995)
  • 松島 英晃 ID: 9000002615788

    富山大学工学部 (1995年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • カルバゾール・アントラセン共重合体を用いた有機EL素子 (1995)
  • 松島 英章 ID: 9000017723579

    北陸通信ネットワーク (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 13件

    • 非常時における地域の安全・安心確保のためのε-ARKデバイスを核とした情報通信環境の研究開発 : 第1報 総論 (2010)
    • 非常時における地域の安全・安心確保のためのε-ARKデバイスを核とした情報通信環境の研究開発 : 第2報 普及啓発活動と実証実験について (2010)
    • 非常時における地域の安全・安心確保のためのε-ARKデバイスを核とした情報通信環境の研究開発 : (第3報)新たな情報提供環境について (2010)
  • 松嶋 秀明 ID: 9000002255341

    CiNii収録論文: 27件

    • 非行臨床におけるナラティヴ・プラクティス--少年更正保護施設におけるソーシャルスキルズ・トレーニングの観察から (ナラティヴ・プラクティス) -- (こころみる) (2003)
    • 関係のなかで構成される「非行少年」 (特集 子どもを見る目) (2003)
    • 「なぜ?」から「いかに?」へ--非行少年の「問題」のフィールドワーク (ボトムアップ人間科学の可能性) -- (そだち 発達現場からのボトムアップ) (2004)
  • 松嶋 秀明 ID: 9000006329922

    菱光サイジング (2005年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 3406 三次元防振・免震テーブルの開発研究(OS16 製造現場と設計・システムII) (2005)
  • 松嶋 秀明 ID: 9000021576794

    信越半導体 (株) (1991年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 粒子衝突によって処理した基板上へのダイヤモンド気相合成 (1991)
  • 松嶋 秀明 ID: 9000312256798

    滋賀県立大学人間文化学部 (2013年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 非行少年にかかわる研究実践と臨床実践のインターフェース (2013)
  • 松嶋 秀明 ID: 9000351065294

    滋賀県立大学 (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 青年犯罪者の共感性を社会的文脈でとらえる:――「青年犯罪者の共感性の特性」へのコメント―― (2014)
  • 松嶋 英明 ID: 9000000665167

    三井金属鉱業株式会社 総合研究所 (2013年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 3件

    • マグネシウム合金上へのノンクロメート化成処理 (2001)
    • 蓄電デバイス集電体用多孔質銅箔の開発 (2012)
    • Li_<7+x>P_<1-x>Si_xS_6のリチウムイオン伝導性及び電気化学特性 (2013)
ページトップへ