検索結果11件中 1-11 を表示

  • MABUCHI kouichi / KABURAGI osamu / ISHIKAWA hiroyasu / HIRANO akemi / OBATA yukiko / TERAKADO hiromi / MIYAMOTO kayoko / KOBAYASHI harumi / KAWASAKI masato ID: 9000279203425

    CiNii収録論文: 1件

    • 附属養護学校研究主題「21世紀に生きる子どもたちの社会参加を目指して」第4報 : 「活動」への持続を支える「意欲」への支援の在り方 (2003)
  • ENOMOTO masamitsu / KABURAGI osamu / MIYAMOTO kayoko / HIROKI tsuneo / NAKAJIMA masanori / TERAKADO hiromi ID: 9000284654647

    CiNii収録論文: 1件

    • 附属養護学校研究主題『「個別の教育支援計画」の充実を目指すために』における中学部の取り組み : 小学校から中学部への移行支援を目指して (2004)
  • TERAKADO hiromi / ENOMOTO masamitsu / MIYAMOTO kayoko / HIROKI tsuneo / NAKAJIMA masanori / KABURAGI osamu ID: 9000284654665

    CiNii収録論文: 1件

    • 知的障害児の「総合的な学習の時間」の授業展開について : 知的障害児の「主体性」の捉え方と教師の省察を中心に (2004)
  • Miyamoto Hiromi ID: 9000398986017

    Department of Breast Surgery, Tokyo Metropolitan Cancer and Infectious Diseases Center Komagome Hospital (2018年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Efficacy and toxicity of palbociclib in heavily treated patients with metastatic breast cancer (2018)
  • 宮本 博美 ID: 9000398304067

    がん・感染症センター都立駒込病院外科(乳腺) (2018年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • カテゴリー3の石灰化に対するステレオガイド下吸引式組織生検の検討 (2018)
  • 宮本 博美 ID: 9000404528800

    がん・感染症センター都立駒込病院外科(乳腺) (2019年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 検診マンモグラフィにおいて局所的非対称性陰影と判定された症例の精査結果 (2019)
  • 宮本 晴美 ID: 9000018746340

    テクノプロ・エンジニアリング (2010年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 2A1-G03 OpenRTM-aist-1.0における新しいデータポートの実装 (2010)
  • 宮本 浩三 ID: 9000006786909

    CiNii収録論文: 15件

    • 経皮的動脈血酸素飽和度SpO_2測定の新たなるアプローチ : 耳朶センサの試み (2009)
    • 当院における耳朶SpO_2センサの使用状況と臨床応用の可能性について (2010)
    • 人工呼吸器の保守管理について : 電子カルテを活用した医療機器中央管理システム (2010)
  • 宮本 浩三 ID: 9000258017107

    名古屋掖済会病院 臨床工学部 (2009年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 経皮的動脈血酸素飽和度SpO2測定の新たなるアプローチ―耳朶センサの試み―:-耳朶センサの試み- (2009)
  • 宮本 裕美 ID: 9000254397732

    林原生物化学研究所 (1985年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • プルランによる徐放性製剤 II  コンニャクマンナン混合によるプルラン錠剤の溶解遅延 (1985)
  • 宮本 裕美 ID: 9000254397761

    林原生物化学研究所 (1985年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • プルランによる徐放性製剤 I  プルラン錠剤の作製と溶解特性 (1985)
ページトップへ