検索結果13件中 1-13 を表示

  • NISHIHARA Katsunari ID: 9000003831695

    Department of Oral Surgery, Faculty of Medicine, Univ. of Tokyo (1997年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Relations Between Figures, Features, and the Immune System : (1997)
  • 西原 克成 ID: 1000010010323

    CiNii収録論文: 43件

    • ハイブリッドタイプの免疫器官-人工骨髄造血巣の誘導- (1995)
    • ハイブリッド型人工骨髄造血巣誘導へのアプローチ (1995)
    • 実験進化学手法によるハイブリッド型人工器官の開発と新して免疫学の概念 (1996)
  • 西原 克成 ID: 9000255914036

    東京大学医学部口腔外科学教室 (1993年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 学童期の健康教育と生活習慣指導:―小児口腔疾患の生体力学的要因とその予防― (1993)
  • 西原 克成 ID: 9000256355404

    東京大学医学部口腔外科 (1997年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 生命形態の進化を顔で見る (1997)
  • 西原 克成 ID: 9000256577579

    東京大学医学部口腔外科学教室 (1970年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 「口腔癌治療後の障害とその対策」細胞分化に関する分子生物学的研究:ミトコンドリアの形成について, その1 (1970)
  • 西原 克成 ID: 9000256577818

    東京大学医学部口腔外科学教室 (1971年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 「口腔癌治療後の障害とその対策」細胞分化に関する分子生物学的研究:第3編 ミトコンドリアの遺伝子について (1971)
  • 西原 克成 ID: 9000256578776

    東京大学医学部付属病院分院歯科口腔外科 (1976年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 歯科・口腔外科領域における術後の疼痛に対するKetoprofenの臨床評価:二重盲検法によるMefenamic acidとの比較対照試験 (1976)
  • 西原 克成 ID: 9000258431047

    西原研究所 (2012年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • エネルギーを本格的に導入した「顔と口腔の医学」の樹立:Part Ⅰ(後編)人工歯根療法時代の到来─人工歯根療法の実際 (2012)
  • 西原 克成 ID: 9000273028201

    西原研究所 (2013年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 顔と口腔の医学 エネルギーを本格的に導入した「顔と口腔の医学」の樹立:Part II( 後編)エネルギーに基づく量子医学 ― Energy-based Quantum Medicine の 創始による正統西洋医学の復活再生と難治療の実際 (2013)
  • 西原 克成 ID: 9000283225225

    東京大学医学部口腔外科教室 (1983年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • きょう部に発生した脂肪肉しゅの1例 (1983)
  • 西原 克成 ID: 9000283669656

    西原研究所 (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • エネルギーを本格的に導入した「顔と口腔の医学」の樹立:Part Ⅰ(前編)人工歯根療法時代の到来─人工歯根療法の基礎研究 (2011)
  • 西原 克成 ID: 9000283669658

    西原研究所 (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • エネルギーを本格的に導入した「顔と口腔の医学」の樹立:Part Ⅱ(後編)赤ちゃんの「吸啜と鼻呼吸」は咀嚼と噛み合わせ運動に移行する (2011)
  • 西原 克成 ID: 9000391778005

    西原研究所|日本免疫病治療研究会|アート研究会 (2007年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 「わけのわからない免疫病」の発症の原因の究明と治療法の確立について (2007)
ページトップへ