検索結果10件中 1-10 を表示

  • OHURA Takeshi ID: 9000000400756

    Polymer Chemistry Laboratory, RIKEN Institute (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Enzyme-catalyzed Ring-opening Polymerization of β-Butyrolactone Using PHB Depolymerase (2000)
  • Ohura Takeshi ID: 9000257714817

    Polymer Chemistry Laboratory, RIKEN Institute (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Enzyme-catalyzed Ring-opening Polymerization of .BETA.-Butyrolactone Using PHB Depolymerase. (2000)
  • Ohura Takeshi ID: 9000264873308

    Fukui Prefectural Food Process (2014年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Rakkyo fructan as a cryoprotectant for serum-free cryopreservation of mammalian cells (2014)
  • Ohura Takeshi ID: 9000387326267

    Laboratory of Analytical Chemistry, Faculty of Agriculture, Meijo University (2018年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Mercury contents of the tissues and feathers of Black-tailed Gulls on Kabushima (Kabu Island), Aomori, Japan (2018)
  • Ohura Takeshi ID: 9000403833944

    CiNii収録論文: 1件

    • Determination of Particle-Associated PAH Derivatives (ClPAHs, NPAHs, OPAHs) in Ambient Air and Automobile Exhaust by Gas Chromatography/Mass Spectrometry with Negative Chemical Ionization (2017)
  • Ohura Takeshi ID: 9000006515321

    CiNii収録論文: 1件

    • 4-8 日中健康科学シンポジウムへの参加(事業活動) (2007)
  • 大浦 健 ID: 1000060315851

    CiNii収録論文: 38件

    • 富士市における有害大気汚染物質濃度の調査結果について(1) : 各種有害化学物質の汚染状況, 相関性および大気常時監視局の地域代表性についての検討 (2001)
    • 富士市における有害大気汚染物質濃度の調査結果について(2) : 各種有害化学物質の濃度分布図の作成と汚染原因の推定 (2001)
    • パッシブサンプリングによるアルデヒド類の室内発生源の探索 (2004)
  • 大浦 健 ID: 9000020421733

    静岡県立大学環境科学研究所 (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 富士市・夏季におけるアルデヒド類による室内外の汚染実態調査 (2000)
  • 大浦 健 ID: 9000283677463

    静岡県立大学大学院生活健康科学研究科 (2007年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • パッシブサンプラー捕集/溶媒抽出/大量試料導入HPLC法を用いたカルボニル化合物の室内外濃度調査に関する研究 (2007)
  • 大浦 剛 ID: 9000017583146

    福井食加研 (2011年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 3件

    • 1S-Dp08 植物由来多糖フルクタンによる酵素の安定性向上(大学発技術シーズ発表会<物質生産、装置、分析、周辺機器に関するシーズ提案>,シンポジウム,伝統の技と先端科学技術の融合) (2010)
    • 2Ia07 ラッキョウフルクタンを利用した動物細胞の凍結保存(生物化学工学,一般講演) (2011)
    • 2Kp05 幹細胞に対する、ラッキョウフルクタンを用いた凍結液の開発(培養工学/バイオプロセス,一般講演) (2011)
ページトップへ