検索結果21件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • OSHIKAWA Naohiro ID: 9000021217187

    Second Department of Medicine, Nihon University School of Medicine, Tokyo, Japan. (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Radiofrequency Catheter Ablation of Ventricular Tachycardia from the Anterobasal Left Ventricle. (2000)
  • Oshikawa Naohiro ID: 9000021234591

    the Second Department of Medicine, Nihon University School of Medicine Tokyo (2003年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Noninvasive Diagnosis of Dual AV Nodal Physiology in Patients With AV Nodal Reentrant Tachycardia by Adenosine Triphosphate Test (2003)
  • Oshikawa Naohiro ID: 9000021263860

    Second Department of Medicine, Nihon University School of Medicine (2004年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Brugada-like Electrocardiographic Pattern Unmasked by Fever (2004)
  • Oshikawa Naohiro ID: 9000021280435

    the Second Department of Medicine, Nihon University School of Medicine (2002年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Role of Signal-Averaged Electrocardiograms for Predicting the Inducibility of Ventricular Fibrillation in the Syndrome Consisting of Right Bundle Branch Block and ST Segment Elevation in Leads V1-V3. (2002)
  • Oshikawa Naohiro ID: 9000045747765

    The Second Department of Internal Medicine, Nihon University School of Medicine (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • IS009 Effect of 60 Minutes of Rapid Atrial Pacing on Atrial Action Potential Duration in the Dog (2000)
  • Oshikawa Naohiro ID: 9000257740674

    The Second Department of Medicine, Nihon University School of Medicine (1999年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • Radiofrequency Catheter Ablation of Coexistent Atrioventricular Reciprocating Tachycardia and Left Ventricular Tachycardia Originating in the Left Anterior Fascicle (1999)
  • 押川 直廣 ID: 9000000844392

    第二内科学 (1999年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 植え込み型除細動器をめぐる進歩 (1999)
  • 押川 直廣 ID: 9000003870312

    日本大学内科学講座内科二部門 (2003年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 30件

    • 洞機能不全症候群で永久ペースメーカー植え込み後約8年の経過で体表心電図上ペーシングスパイク-P波間隔の延長を伴い心房停止に至った1例 (1999)
    • Bachmann束ペーシングの心房内伝導時間に対する効果 : 心房加算平均心電図による比較検討 (2000)
    • 通常型心房粗動(C-AFL)に対するアブレーション施行前後におけるP波の極性と心房内興奮伝播の変化 (1998)
  • 押川 直廣 ID: 9000255953629

    日本大学医学部第2内科 (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第12回臨床不整脈研究会 通常型心房粗動に対する峡部アブレーション後,冠静脈洞を介すると考えられる心房頻拍が誘発された1症例 (2000)
  • 押川 直廣 ID: 9000255954611

    日本大学医学部内科学講座内科2部門 (2003年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第15回臨床不整脈研究会 不整脈源性右室異型性症様の心電図所見を呈した,心筋炎後の心室頻拍の1例 (2003)
  • 押川 直廣 ID: 9000255954790

    日本大学医学部内科学講座内科2部門 (2004年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第13回体表心臓微小電位研究会 Brugada症候群における心房内伝導障害の評価:P波加算平均心電図を用いた検討 (2004)
  • 押川 直廣 ID: 9000256307786

    日本大学医学部第2内科 (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 4件

    • 洞機能不全症候群で永久ペースメーカー植え込み後約8年の経過で体表心電図上ペーシングスパイク‐P波間隔の延長を伴い心房停止に至った1例 (1999)
    • 第10回心臓性急死研究会 Brugada症候群における加算平均心電図の意義:心室細動の予測が可能か (1998)
    • 第8回体表心臓微小電位研究会 ペースメーカー植え込み患者におけるT波オルタナンスの臨床的検討 (1998)
  • 押川 直廣 ID: 9000256309339

    日本大学医学部内科学講座内科学2部門 (2003年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第1回 特発性心室細動研究会:非Brugada型特発性心室細動の2症例 (2003)
  • 押川 直廣 ID: 9000256872281

    日本大学医学部第2内科 (1998年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第10回心臓性急死研究会 Brugada症候群における加算平均心電図の意義:心室細動の予測が可能か (1998)
  • 押川 直廣 ID: 9000256873117

    日本大学医学部第2内科 (1999年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第11回心臓性急死研究会 比較的若年者に発症した可逆的完全房室ブロックの2症例 (1999)
  • 押川 直廣 ID: 9000256874479

    日本大学医学部第2内科 (2000年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第12回心臓性急死研究会 著明な頻拍を呈した脚枝間リエントリー性頻拍の2症例 (2000)
  • 押川 直廣 ID: 9000256875767

    日本大学医学部第2内科 (2001年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第13回心臓性急死研究会 無症候性Brugada型心電図を呈する症例はどこまで精査すべきか (2001)
  • 押川 直廣 ID: 9000256875897

    日本大学医学部第2内科 (2001年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第13回臨床不整脈研究会 手術時の切開線が自由壁側のBlock Lineを形成したtype I心房粗動の1例 (2001)
  • 押川 直廣 ID: 9000256877079

    日本大学医学部内科学講座内科2部門 (2002年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第14回心臓性急死研究会 WPW症候群に対するカテーテル・アブレーション後に顕性化したBrugada症候群の1例 (2002)
  • 押川 直廣 ID: 9000256877254

    日本大学医学部第2内科 (2002年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第14回臨床不整脈研究会 左側Kent束離断後一過性に完全房室ブロックが生じた1症例 (2002)
  • 1 / 2
ページトップへ