Search Results1-18 of  18

  • 井田 孔明 ID: 9000000184676

    国立がんセ・研・放射線 (1996 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • AML1-MTG8キメラ蛋白質の機能領域の解析 (1996)
    • AML1蛋白質の細胞周期・分化に依存したリン酸化 (1996)
  • 井田 孔明 ID: 9000007884713

    Articles in CiNii:2

    • 乳児のための家庭常備薬に関する調査 (1993)
    • 1年間に救急外来で行った小児の時間外電話問い合わせの実態 (1994)
  • 井田 孔明 ID: 9000016623179

    Articles in CiNii:1

    • 遺伝子解析による悪性腫瘍の予後判定 (第5土曜特集 小児医療の最前線) -- (臨床編) (2003)
  • 井田 孔明 ID: 9000018896195

    Articles in CiNii:1

    • 血液疾患・悪性腫瘍 (子どもの発育・発達と病気) -- (子どもの病気) (2012)
  • 井田 孔明 ID: 9000266887242

    Articles in CiNii:1

    • 輸血・免疫グロブリン製剤 (特集 保護者への説明マニュアル) -- (治療・処置に対する説明マニュアル) (2014)
  • 井田 孔明 ID: 9000275831766

    Articles in CiNii:1

    • 日本小児科学会の被災地への医師派遣事業 (日本小児科学会企画戦略委員会災害対策ワーキンググループ報告 東日本大震災が岩手,宮城,福島の三県の小児と小児医療に与えた被害の実態と,それに対する支援策の効果と問題点についての総括) (2014)
  • 井田 孔明 ID: 9000364849178

    東京大学大学院医学系研究科小児科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OO4-1 小児固形腫瘍におけるATBF1遺伝子の解析(口演 横紋筋肉腫,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 井田 孔明 ID: 9000364878161

    東京大学小児科 (2006 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 24OP6-2 超高密度オリゴヌクレオチドアレイによるSotos症候群患者に発症した肝芽腫の解析(ポスター 肝芽腫,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
    • 24OP7-22 超高密度オリゴヌクレオチドアレイを用いた小児固形腫瘍の網羅的ゲノム解析(ポスター LPD・その他,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
  • 井田 孔明 ID: 9000364902679

    東京大学小児科 (2006 from CiNii)

    Articles in CiNii:4

    • 26HP9-6 小児NK細胞腫瘍の病型と転帰 : TCCSG施設が経験した14例の後方視的解析(ポスター リンパ腫2,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
    • HO9-2 東京小児がん研究グループ非ホジキンリンパ腫登録TCCSG NHL0105における染色体・遺伝子解析結果(口演 リンパ腫,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
    • HP21-2 東京小児がん研究グループ(TCCSG)NHL B9604プロトコールによるB細胞型リンパ性腫瘍の治療成績(ポスター リンパ腫1,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 井田 孔明 ID: 9000398453414

    Articles in CiNii:1

    • 日本小児科学会災害対策委員会報告 平成28年熊本地震で日本小児科学会から派遣された医師へのアンケート調査結果報告および,今後の日本小児科学会による被災地診療支援への取り組み (2018)
  • 井田 孔明 ID: 9000399499764

    帝京大学医学部附属溝口病院小児科 (2018 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本における小児肝腫瘍に対する臨床試験の現状 (2018)
  • IDA Kohmei ID: 1000060205391

    Department of Pediatrics, Teikyo University School of Medicine University Hospital (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:21

    • Alterations of the Tumor Suppressor Gene DCC in Childhood Solid Tumors (1997)
    • Factor IX Inhibitor in Hemophilia B Presented with Anaphylactoid Symptoms : Report of 3 Cases (1999)
    • Assessment of Users' Satisfaction in Telephone Advice for Child Care (1996)
  • IDA Kohmei ID: 1000060313128

    帝京大学医学部附属溝口病院小児科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:27

    • RAS Gene Mutations in Childhood Malignancies : Part 1 Leukemia (1997)
    • RAS Gene Mutations in Childhood Malignanies : Part 2 Solid Tumor (1997)
    • MYH 9 R702変異を有する Epstein 症候群9例の臨床像および病理組織学的解析 (2009)
  • IDA Kohmei ID: 9000256642548

    Department of Pediatrics, Faculty of Medicine, University of Tokyo (2000 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Analyses of the MLL, RAS p16 and p53 Genes in Childhood Therapy-Related Leukemia and Myelodysplastic Syndrome. (2000)
  • IDA Kohmei ID: 9000256642812

    Department of Pediatrics, Graduate School of Medicine, University of Tokyo (2001 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Coduplication of the FLT3 and MLL Genes in Pediatric Acute Myeloid Leukemia. (2001)
  • IDA Kohmei ID: 9000258040050

    Division of Hematology/Oncology, Saitama Children Medical Center (1999 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Factor IX Inhibitor in Hemophilia B Presented with Anaphylactoid Symptoms: Report of 3 Cases (1999)
  • IDA Koumei ID: 9000256643979

    AML Committee, Tokyo Children's Cancer Study Group (TCCSG) (2008 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Treatment Outcome of Infants with Acute Myeloid Leukemia: Results of the Two Consecutive Trials of Tokyo Children's Cancer Study Group:Results of the Two Consecutive Trials of Tokyo Children's Cancer Study Group (2008)
  • KAWAGUCHI Hiroyuki ID: 9000006021403

    Articles in CiNii:5

    • Factor IX Inhibitor in Hemophilia B Presented with Anaphylactoid Symptoms : Report of 3 Cases (1999)
    • Coduplication of the FLT3 and MLL Genes in Pediatric Acute Myeloid Leukemia (2001)
    • 進行期悪性奇形腫に対する外科治療 (1999)
Page Top