Search Results1-20 of  22

  • 1 / 2
  • 北村 良雄 ID: 9000003668872

    独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • 近畿管内国立病院・療養所における薬剤科の臨床試験・治験への関わりと薬剤師の意識について (2004)
    • P-359 当院の治験コーディネーター業務とその評価 (2001)
    • O6-06 持参薬管理を活用したがん化学療法施行患者支援とチーム医療への貢献(一般演題 口頭発表,持参薬,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) (2010)
  • 北村 良雄 ID: 9000006830455

    Articles in CiNii:9

    • The Evaluation of Inpatients Pharmaceutical Services for the Proper Use of Medicine (2015)
    • 21-P2-290 エルロチニブ塩酸塩による皮膚障害に対する治療薬の適正使用について(がん薬物療法(副作用対策),来るべき時代への道を拓く) (2008)
    • P1-170 がん化学療法均てん化を目指したFOLFOX療法における標準用量への是正の試み(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(入院化学療法),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合) (2009)
  • 北村 良雄 ID: 9000009000018

    Articles in CiNii:1

    • パネルディスカッション・管理標準にどう対応するか (特集 工場調査の新スキーム,いよいよ始まる) (2001)
  • 北村 良雄 ID: 9000240189033

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-090 京都医療センターにおける外来化学療法実施当日の中止・変更例の調査(がん薬物療法(レジメン・多職種連携),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) (2012)
  • 北村 良雄 ID: 9000240190813

    国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-364 FOLFOX療法に伴うアレルギー反応の危険因子の検討(がん薬物療法(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) (2012)
  • 北村 良雄 ID: 9000240190994

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-393 外来化学療法センターへの薬剤師常駐化とその有用性評価(がん薬物療法(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) (2012)
  • 北村 良雄 ID: 9000240191280

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-444 心房細動患者に対する抗凝固療法の管理不十分例における要因の分析(使用状況調査・意識調査,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) (2012)
  • 北村 良雄 ID: 9000240192764

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P2-008 京都医療センターにおける病棟薬剤業務実施の現状と課題(薬剤管理指導・病棟薬剤業務,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) (2012)
  • 北村 良雄 ID: 9000249256531

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日-P2-119 失神に関与する注意すべき薬剤について(ハイケアユニット業務(ICU・CCU・SCU・救急等),ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) (2013)
  • 北村 良雄 ID: 9000249256974

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日-P2-179 当院における塩酸バンコマイシン注の有効トラフ値と腎機能障害の調査(感染制御(治療薬),ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) (2013)
  • 北村 良雄 ID: 9000249257297

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日-P2-226 ICTカルテラウンドにおける抗菌薬適正使用への取り組みの成果と今後の課題(感染制御(その他),ポスター発表,一般演題,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) (2013)
  • 北村 良雄 ID: 9000279906098

    国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 28-O5AM-11 外来化学療法センター常駐薬剤師によるプレアボイド事例の解析(薬剤師介入(外来),一般演題(口頭),新時代を拓く医療薬学フロンティア) (2014)
  • 北村 良雄 ID: 9000279908047

    国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 27-P4AM-198 当院抗MRSA薬の使用調査(感染制御(治療薬)1,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) (2014)
  • 北村 良雄 ID: 9000279914214

    独立行政法人国立機構京都医療センター薬剤科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 28-P4PM-161 糖尿病患者に対するDPP-4阻害薬(リナグリプチン)の腎保護作用に関する研究(糖尿病,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) (2014)
  • 北村 良雄 ID: 9000321421442

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター薬剤部 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1350-23-AM 京都医療センターにおける病院実務実習への取り組み : 実習カリキュラムの改訂を利用した実習生の意識調査(薬学教育(実務実習),ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) (2015)
  • KITAMURA Yoshio ID: 9000001343313

    (株)みすずコーポレーション (2004 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Operation of a Boiler Using Recycling Fuel (2004)
  • KITAMURA Yoshio ID: 9000002865623

    独立行政法人国立病院機構京都医療センター薬剤科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:19

    • Possible Effectiveness in Preventing Infection of Adding Levofloxacin to Autologous-Serum Eyedrops (2004)
    • THERAPEUTIC DRUG MONITORING OF PLASMA EFAVIRENZ LEVELS AND ITS CLINICAL SIGNIFICANCE (2004)
    • P-251 ドルゾラミドと合成メラニンとの親和性について (2002)
  • KITAMURA Yoshio ID: 9000255853094

    Department of Pharmacy, Osaka National Hospital (1992 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Analysis of mercapt-nonmercaptalbumin by HPLC on anion exchange column. (1992)
  • KITAMURA Yoshio ID: 9000255853572

    Department of Pharmacy, Osaka National Hospital (1994 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Analysis of Heinz-body and concentration of GSH in erythrocytes in patients with liver cirrhosis. (1994)
  • KITAMURA Yoshio ID: 9000255854700

    Department of Pharmacy, Osaka National Hospital (2004 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • THERAPEUTIC DRUG MONITORING OF PLASMA EFAVIRENZ LEVELS AND ITS CLINICAL SIGNIFICANCE (2004)
  • 1 / 2
Page Top