Search Results1-17 of  17

  • 北野 周作 ID: 9000000673094

    日本眼感染症学会 (1998 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • ウイルス性結膜炎の院内感染 (1998)
  • 北野 周作 ID: 9000007879690

    Articles in CiNii:1

    • 視力障害 (治療と管理--しばしば遭遇する疾患と難治性疾患を中心に<特集>) -- (その他) (1978)
  • 北野 周作 ID: 9000008922104

    Articles in CiNii:1

    • 角膜上皮層の創傷治癒について (コンタクトレンズ学会講習会<特集-2->) (1979)
  • 北野 周作 ID: 9000010189187

    Articles in CiNii:1

    • トシル酸トスフロキサシン点眼液 (2006)
  • 北野 周作 ID: 9000017758827

    Articles in CiNii:1

    • 義眼の手術 (1963)
  • 北野 周作 ID: 9000017786226

    Articles in CiNii:1

    • インターン生活より見た保健所 (1950)
  • 北野 周作 ID: 9000017795685

    Articles in CiNii:2

    • 眼腐蝕とその処置 (眼外傷とその処置(特集)) (1970)
    • 眼腐蝕,特にアルカリについて (1959)
  • 北野 周作 ID: 9000017841576

    Articles in CiNii:1

    • 眼科疾患に対するduvadilan使用経験 (1968)
  • 北野 周作 ID: 9000017877511

    Articles in CiNii:1

    • ウイルス性眼疾患(ウイルス病のトピックス-26-) (1972)
  • 北野 周作 ID: 9000017926800

    Articles in CiNii:1

    • 眼科領域の自己免疫性疾患について (自己免疫性疾患について(第27回日大医学会総会シンポジウム要旨)) (1968)
  • 北野 周作 ID: 9000017939295

    Articles in CiNii:9

    • 角膜ヘルペス 主として形態学的立場から (第76回日本眼科学会総会一般講演-3-) -- (角膜感染症(宿題報告 角膜ヘルペスの病型分類)) (1972)
    • 角膜ヘルペス 主として形態学的立場から (第76回日本眼科学会総会講演抄録) -- (角膜感染症(宿題報告)) (1972)
    • 角膜多糖類の組織化学的研究-1-角膜固定細胞の酸性多糖類性顆粒 (1966)
  • 北野 周作 ID: 9000018009425

    Articles in CiNii:1

    • 疱疹の眼病変 (1963)
  • 北野 周作 ID: 9000253497053

    日本大学 (1991 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • A mechanism of the defense of eyeball surface. (1991)
  • 北野 周作 ID: 9000254353933

    日本大・医・眼科 (1984 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第16回日本医学教育学会総会および大会〈プログラムと予稿集〉 (1984)
  • KITANO Shusaku ID: 9000254862027

    日本大学眼科学教室 (1986 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Introduction to medicine. A trial in our medical school. (1986)
  • KITANO Syusaku ID: 9000004722061

    Nihon University (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:69

    • Preperative Administration of Antibiotics for Cataract Surgery (1995)
    • 眼科領域のMRSA/MRSE感染症の現状について教えてください (2001)
    • Evaluation Criteria for "Special Surveys Performed as Required" in Post-Marketing Surveillance (PMS) Studies of Widely Used Antibacterial Ophthalmic Solutions (1998)
  • Kitano Shusaku ID: 9000002550110

    Articles in CiNii:1

    • 眼の病気 (1994)
Page Top