Search Results1-20 of  22

  • 1 / 2
  • 宇井 理生 ID: 9000002700693

    北大薬学部薬効学 (1979 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • B I-12 ノルアドレナリンテスト : 血漿cyclic nucleotidesレベルの変動を指標として(精神化学) (1979)
    • B I-13 鏡映描写法による血漿cyclic nucleotidesレベルの変動(精神化学) (1979)
  • 宇井 理生 ID: 9000007304035

    Articles in CiNii:1

    • 師を語る 自らの美学に殉じた小林凡郎先生 (2000)
  • 宇井 理生 ID: 9000007595401

    Articles in CiNii:1

    • これからの生命科学 (特集 これからの化学--21世紀の最初の四半世紀を展望する) (2000)
  • 宇井 理生 ID: 9000007985599

    Articles in CiNii:1

    • 血糖値の交感神経性調節--代謝制御機構へのin vivoからのアプロ-チ (1975)
  • 宇井 理生 ID: 9000017649000

    Articles in CiNii:1

    • 肝糖質代謝のホルモン性調節機構 (肝と糖質代謝異常(第9回日本肝臓学会シンポジウム)) (1974)
  • 宇井 理生 ID: 9000018340687

    Articles in CiNii:1

    • 生理学・医学賞--Martin Rodbell & Alfred G.Gilman (1994年度ノ-ベル賞受賞者の業績と人柄) (1995)
  • 宇井 理生 ID: 9000020119970

    東大医学部薬学科生理化学教室 (1956 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本内分泌学会第29回総会:特別講演「グルカゴン」 (1956)
  • 宇井 理生 ID: 9000021635210

    北海道大学薬学部薬効学教室 (1980 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 肝硬変症における血漿cyclic GMP濃度 (1980)
  • 宇井 理生 ID: 9000021848375

    東京大学薬学部生理化学教室 (1987 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 細胞膜におけるSignal transduction 機構:GTP結合蛋白質の役割を中心として (1987)
  • 宇井 理生 ID: 9000256589280

    北海道大学薬学部 (1979 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第21回日本糖尿病学会総会記録 シンポジウム (II): 膵ランゲルハンス島の生理生化学 3. インスリンの分泌調節 (1979)
  • 宇井 理生 ID: 9000287363336

    東京大学:北海道大学 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 西塚泰美先生を偲んで (2005)
  • UI MICHIO ID: 9000003758559

    Articles in CiNii:11

    • 生化学と分子生物学 (1990年代の科学<特集>) (1990)
    • ホルモンと神経伝達物質による情報伝達の様式 (生物の情報伝達物質<特集>) (1990)
    • 生体の情報伝達のしくみ (分子生物学からみた病気) (1991)
  • UI MICHIO ID: 9000005268339

    理化学研究所 (1995 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本薬学会学会賞受賞加藤隆氏の業績 (1995)
  • UI MICHIO ID: 9000005281504

    東京都臨床医学総合研究所 (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:6

    • サリンはなぜ猛毒か (1995)
    • 放射性物質の許容量 (2002)
    • 生命を育む情報 (2002)
  • UI MICHIO ID: 9000292562886

    北海道大学薬学部 (1975 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 現在のままのシンポジウムの発展を望む(シンポジウムのあり方について,パネル) (1975)
  • UI Michio ID: 9000021364167

    Ui Laboratory, The Institute of Physical and Chemical Research (RIKEN) (1994 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Current Topics in Heterotrimeric GTP-binding Proteins. Role of heterotrimeric GTP-binding proteins in cellular signaling. (1994)
  • UI Michio ID: 9000242105986

    東京大学 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 更なる長寿は可能か (2012)
  • UI Michio ID: 9000252877908

    東京大学薬学部 (1988 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Transmission of cellular information through GTP-binding protein. (1988)
  • UI Michio ID: 9000272642097

    高崎健康福祉大学薬学部 (2007 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • ADPリボシル化酵素の今昔(挑戦者からのメッセージ,<ミニ特集>ジェネリック医薬品の科学) (2007)
  • Ui Michio ID: 1000050001037

    Articles in CiNii:51

    • インスリン及びfMLP受容体を発現させたCHO細胞におけるPIP_3産生の制御 (1996)
    • インスリン刺激によるPIP_3の蓄積に対するアデノシンの増強作用 (1996)
    • ラット肝実質細胞におけるスフィンゴシン1-リン酸による細胞応答とその情報伝達経路 (1996)
  • 1 / 2
Page Top