Search Results1-13 of  13

  • 安部 裕司 ID: 9000020018665

    東邦大学医学部産婦人科学教室 (1985 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 59. 子宮内膜症のレーザー療法 (1985)
  • 安部 裕司 ID: 9000242881421

    CMポートクリニック (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-097 不妊治療に夫婦で取り組むための支援 : 不妊治療中の夫の生活の質(Group 15 不妊,ポスターセッション) (2013)
  • 安部 裕司 ID: 9000364078336

    Articles in CiNii:1

    • 128 IVF-ET/GIFTプログラムにおけるGnRH agonist(GnRH-a)およびFSHを併用した排卵誘発法について (1988)
  • 安部 裕司 ID: 9000364196427

    Articles in CiNii:1

    • P-106 Satellite IVF-ET方式における卵輸送の基礎的検討 (1995)
  • 安部 裕司 ID: 9000364285864

    東邦大学 (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 1)胚盤胞移植(不妊治療の最前線 : 多胎妊娠を予防するために)(II)クリニカルカンファランス : これだけは知っておきたい) (2002)
  • 安部 裕司 ID: 9000364306729

    Articles in CiNii:1

    • IVF,ICSIにおける反復不成功症例に対するclomiphene citrateを用いた卵巣刺激法の有用性に関する検討(第80群 不妊・不育11) (2003)
  • 安部 裕司 ID: 9000364328134

    Articles in CiNii:1

    • 27-21.新鮮胚の輸送(トランスポート)凍結融解胚移植法における臨床的検討(第133群 不妊・不育14)(一般演題) (2004)
  • 安部 裕司 ID: 9000364342937

    Articles in CiNii:1

    • 低卵巣刺激周期採卵における single embryo transfer の有用性に関する検討(不妊・不育XI, 第57回日本産科婦人科学会) (2005)
  • 安部 裕司 ID: 9000364342984

    Articles in CiNii:1

    • IVF-ET後妊娠の妊娠分娩経過に関する検討(不妊・不育XII, 第57回日本産科婦人科学会) (2005)
  • 安部 裕司 ID: 9000364366520

    Articles in CiNii:1

    • P2-251 当院での双胎妊娠(特に体外受精後妊娠)に関する検討(Group 146 不妊・不育VIII,一般演題,講演要旨,第58回日本産科婦人科学会学術講演会) (2006)
  • 安部 裕司 ID: 9000364377838

    Articles in CiNii:1

    • P1-391 ART反復不成功に塩酸ピオグリタゾンを投与した妊娠例の検討(Group46 不妊・生殖補助医療6,一般演題,第59回日本産科婦人科学会学術講演会) (2007)
  • ABE Yuji ID: 9000254938488

    The 1st Department of Obstetrics and Gynecology, Toho University School of Medicine (1989 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • The Influence of Hyperestrogenism on Implantation of Mouse Embryo (1989)
  • ABE Yuji ID: 9000364306712

    CMポートクリニック (2007 from CiNii)

    Articles in CiNii:61

    • Clinical Value of Human Morula / Blastocyst Transfer Following In-Vitro Fertilization or Intracytoplasmic Sperm Injection (2000)
    • The Effect of Age on Pregnancy Rate in Assisted Reproductive Technology (2002)
    • Effectiveness of the Fixed Stimulation Regimen of ART-Programs (1995)
Page Top