Search Results1-13 of  13

  • 寺師 榮 ID: 9000001375795

    Articles in CiNii:10

    • 救命救急センターにおける新卒看護師のストレス要因に対する感情の分析 (2003)
    • 特別講演 特殊救急と看護--放射能汚染(被曝) (救急NOW 第2回日本救急看護学会学術集会集録(主要講演)) (2001)
    • 新人ナースの挫折と喜び--看護管理者として (救急NOW 救急ナースの理想と現実) (2002)
  • 寺師 榮 ID: 9000007353668

    Articles in CiNii:1

    • ICUにおける抑制--千里救命救急センターからの現状報告 (総特集 「抑制廃止」をめぐる神話と真実) -- (現場リポート:「抑制廃止」の理想と現実) (1999)
  • 寺師 栄 ID: 9000007358009

    Articles in CiNii:2

    • 気道管理 (焦点 できる人工呼吸ケア) -- (人工呼吸器装着中の患者の基本ケア) (1999)
    • 再挑戦! 口腔ケア(11)透析を行っている患者の口腔ケア (2003)
  • 寺師 榮 ID: 9000010198466

    Articles in CiNii:1

    • 進化するチーム医療--患者中心の医療を目指して(Team 7)ドクターカーにおける救急医療チームの活動 (2006)
  • 寺師 榮 ID: 9000010645918

    Articles in CiNii:1

    • 多数傷病者受け入れ時の初期対応 (特集 知っておこう!! 災害発生時の必須技術) (2009)
  • 寺師 榮 ID: 9000018207036

    Articles in CiNii:1

    • 多重外傷後の外傷後ストレス症候群の看護ケア (特集 外傷後ストレス反応への対応と外傷後ストレス症候群に陥った児のケア) -- (看護ケアのポイント) (2001)
  • 寺師 榮 ID: 9000018209149

    Articles in CiNii:1

    • 再挑戦! 口腔ケア(22)嚥下障害のある患者の口腔ケア (2004)
  • 寺師 榮 ID: 9000018210236

    Articles in CiNii:1

    • 外傷患者のトリアージの特徴と実際 (焦点 ナースに必要なトリアージの知識と技術) (2005)
  • 寺師 榮 ID: 9000241639632

    Articles in CiNii:1

    • Level up! 新人からエキスパートまでレベル別にわかる! 救急看護 必須知識&アセスメントクイズ (2013)
  • 寺師 榮 ID: 9000257694333

    Articles in CiNii:1

    • めざせひとり立ち! 救急看護をまるっとマスターできる本 (2014)
  • 寺師 榮 ID: 9000342452799

    Articles in CiNii:1

    • Six-month Training Evaluations for Nurses Who Participated in Training Sessions for Disaster Prevention and Occurrence Measures at Smaller Hospitals (2016)
  • TERASHI Sakayu ID: 9000283712413

    Articles in CiNii:1

    • A Qualitative evaluation of the CPR education to the junior high school students in A area (2013)
  • Terasi Sakayu ID: 9000002332023

    Senri Critical Care Medical Center (2000 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • Investigation of Nurses Worked on Hospitals Stricken by the Great Hansin-Awaji Earthquake (1998)
    • Investigation of Nurses Worked on Hospitals Stricken by the Great Hansin-Awaji Earthquake (Vol.2) (1999)
    • Motor vehicle accidents and Posttraumatic Stress Disorder (2000)
Page Top