Search Results1-16 of  16

  • 小森 敦正 ID: 9000004456727

    埼玉がんセ, 研, 血ウ (1996 from CiNii)

    Articles in CiNii:4

    • プロテインホスファターゼ阻害剤により見出されたTNF-αを介する新しい発がんプロモーション機構 (1996)
    • AML1-MTG8を標的とするDNA/RNAキメラハンマーヘッド型リボザイムのin vitro切断活性 (1996)
    • MTG8遺伝子産物の機能に関する研究 (1996)
  • 小森 敦正 ID: 9000242075363

    国立病院機構長崎医療センター 臨床研究センター|長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 新興感染症病態制御学系専攻 肝臓病学講座 (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P8-07  ヒト胆管上皮細胞におけるTL1A産生機構の解析 (2013)
  • 小森 敦正 ID: 9000242076170

    国立病院機構長崎医療センター 臨床研究センター|長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 新興感染症病態制御学系専攻 肝臓病学講座 (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • W4-3  ヒト胆管上皮細胞におけるTL1A産生機構の解析 (2013)
  • 小森 敦正 ID: 9000265248109

    長崎医療センター 臨床研究センター|長崎大学大学院医歯薬学総合研究科肝臓病学講座 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P3-010  分泌型TL1Aがヒト胆管上皮細胞に及ぼす影響の検討 (2014)
  • 小森 敦正 ID: 9000265248315

    長崎医療センター 臨床研究センター (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-007  全身性および臓器特異的自己免疫疾患に潜む抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体 (2014)
  • 小森 敦正 ID: 9000345402008

    国立病院機構長崎医療センター 臨床研究センタ (2016 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P2-06 日本人における自己免疫性肝炎発症に関わる遺伝要因 (2016)
  • 小森 敦正 ID: 9000347038680

    国立病院機構・長崎医療センター・臨床研究センター (2004 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 抗gp210抗体価による原発性胆汁性肝硬変(PBC)の予後予測 (2004)
  • 小森 敦正 ID: 9000389551979

    国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター (2018 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 改訂自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎診療ガイドライン (2018)
  • KOMORI ATSUMASA ID: 9000391774894

    国立病院機構長崎医療センター 臨床研究センター (2007 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本人原発性胆汁性肝硬変患者のHLAとサイトカインの遺伝子多型 (2007)
  • KOMORI Atsumasa ID: 9000001453501

    National Hospital Organization Nagasaki Medical Center, Clinical Research Center (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:12

    • 獲得免疫の立場から (2004)
    • Discrimination between acute hepatitis B and acute exacerbations of chronic hepatitis B by measurement of IgM class antibody to hepatitis B core antigen by CLIA method (2006)
    • Ultrasonographic classification of the surface irregularity of cirrhotic liver using a high-performance, high-frequency probe (2007)
  • KOMORI Atsumasa ID: 9000020824438

    Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center (2009 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • A case of ectopic hepatocellular carcinoma (2009)
  • KOMORI Atsumasa ID: 9000258017633

    Clinical Research Center, National Hospital, Organization (NHO) Nagasaki Medical Center (2007 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Ultrasonographic classification of the surface irregularity of cirrhotic liver using a high-performance, high-frequency probe (2007)
  • Komori Atsumasa ID: 9000265254773

    Clinical Research Center, National Hospital Organization Nagasaki Medical Center (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Utility of HBsAg measuring system by BLEIA<sup>®</sup>-1200, a highly sensitive immunoassay system (2014)
  • Komori Atsumasa ID: 9000391773270

    国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター・長崎大学大学院医歯薬学総合研究科肝臓病学講座 (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本人原発性胆汁性肝硬変におけるCTLA4, IL12A, IL12RB2, IRF5, 染色体17q12-21領域の遺伝子多型の解析 (2011)
  • Komori Atsumasa ID: 9000391775508

    国立病院機構長崎医療センター・臨床研究センター|長崎大学大学院医歯薬学総合研究科肝臓病学講座 (2006 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 予後予測自己抗体に基づく原発性胆汁性肝硬変の新しい病型分類 (2006)
  • Komori Atsumasa ID: 9000391778853

    国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター|長崎大学大学院医歯薬学総合研究科肝臓病学講座 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 抗gp210抗体と抗セントロメア抗体の組み合わせによる原発性胆汁性肝硬変の高リスク群の同定 (2005)
Page Top