Search Results1-15 of  15

  • 山中 秀夫 ID: 9000000163210

    大阪電気通信大学工学部 (1996 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 符号付きプリュッカー座標に基づくソリッドモデラの研究 (1996)
  • 山中 秀夫 ID: 9000007233350

    Articles in CiNii:30

    • 貿易および対外投資の決定要素〔「ザ・レヴュ-・オブ・エコノミックス・アンド・スタティスティックス」誌1979年2月号〕 (1979)
    • イギリスの公的支出の分配--医療の場合(「エコノミカ」誌1978年5月号掲載) (1978)
    • 実効関税率による保護と資源配分--パラメ-タ-を使わないアプロ-チ(「ザ・レヴュ-・オブ・エコノミックス・アンド・スタティスティックス」誌1978年5月号) (1978)
  • 山中 秀夫 ID: 9000007920158

    Articles in CiNii:1

    • 町工場 (1957)
  • 山中 秀夫 ID: 9000008541465

    Articles in CiNii:1

    • 町工場 (1956)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405034242

    Articles in CiNii:1

    • 5) 陥凹型胃癌の粘膜下浸潤と異型度の変化について(一般演題, 第49回新潟消化器病研究会) (1990)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405034439

    Articles in CiNii:1

    • 8) 胃癌の原発巣と壁内転移巣の形態学的鑑別診断(一般演題, 第50回新潟消化器病研究会) (1990)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405034508

    Articles in CiNii:1

    • 9) AFP産生胃癌の1例(一般演題, 第50回新潟消化器病研究会) (1990)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405039371

    Articles in CiNii:1

    • 3) 残胃癌の組織学的特徴 : 組織化学的検討(一般演題, 第51回新潟消化器病研究会) (1990)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405056249

    Articles in CiNii:1

    • 17) 分化型胃癌の組織異型度と核DNA量(一般演題, 第41回新潟癌治療研究会) (1991)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405058926

    Articles in CiNii:1

    • 残胃癌の粘膜組織化学的検討 (1992)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405064491

    Articles in CiNii:1

    • 3) 残胃癌の病理学的検討(一般演題, 第47回新潟消化器病研究会) (1988)
  • 山中 秀夫 ID: 9000405066126

    Articles in CiNii:1

    • 12) 腸管悪性リンパ腫の新しい肉眼分類の提案(一般演題, 第48回新潟消化器病研究会) (1989)
  • YAMANAKA H ID: 1000060309523

    Articles in CiNii:31

    • 近世地方文書の検索の機械化及びその利用 (1986)
    • 天理図書館業務電算化について--書誌所在情報作成・提供システム 中間報告 (1988)
    • 参照用MARCとしての"BIBLIOFILE"--天理図書館の場合 (1989)
  • YAMANAKA Hideo ID: 9000004523779

    東京学芸大学 (1985 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • Development of Chemical Education Program to Pre-service Student in Teachers College (1) (1985)
    • Development of Chemical Education Program to Pre-service Student in Teachers College (2) (1985)
  • Yamanaka Hideo ID: 9000364671308

    GE Plastics Japan LTD (1990 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • Investigation of reference colors on upper and lower limits. (1988)
    • Experimental study of the allowable color differences on chromaticity diagram. (1989)
    • Experimental Study of the Allowable Color Differences on Chromaticity Diagram (1990)
Page Top