Search Results1-12 of  12

  • 山本 尚明 ID: 9000009034434

    Articles in CiNii:1

    • GPSによる地殻変動観測局の設置について (1999)
  • 山本 尚明 ID: 9000009872563

    Articles in CiNii:2

    • 瀬戸内海の歴史南海地震津波について (2003)
    • The way of thinking and the method of correspondence about the tsunami risk by the local government in the Seto Inland Sea: in the case of Kagawa Prefecture (2007)
  • 山本 尚明 ID: 9000254323645

    (株) 四国総合研究所土木技術部 (1995 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 四国沿岸域の津波危険度に関する一考察 (1995)
  • 山本 尚明 ID: 9000254324542

    (株) 四国総合研究所土木技術部 (1998 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 四国における津波被災地住民の意識構造分析に基づく津波防災のあり方について (1998)
  • 山本 尚明 ID: 9000254325540

    (株) 四国総合研究所土木技術部副主席研究員 (1999 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 沿岸域集落の津波危険度に関する簡便的評価法 (1999)
  • 山本 尚明 ID: 9000254820144

    (株) 四国総合研究所 (1996 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 紀伊半島・四国沿岸における津波の危険度に関する考察 (1996)
  • 山本 尚明 ID: 9000261695422

    Articles in CiNii:1

    • 座談会 学校法人会計基準のこれまで、そしてこれから : 私立大学の説明責任及び経営にもたらす影響を考える (2014)
  • 山本 尚明 ID: 9000297503643

    Articles in CiNii:1

    • HOLD A LEAF IN THE SUNSHINE! (2015)
  • YAMAMOTO Naoaki ID: 9000002658442

    Articles in CiNii:10

    • 四国における歴史津波の被害 (2000)
    • 各種断層モデルによる四国沿岸域の津波シミュレ-ションに関する考察 (1996)
    • 四国における歴史津波と次の南海地震津波に対する危険度評価 (総特集 津波研究の最前線) -- (7章 津波防災,沿岸都市計画を考える) (1998)
  • YAMAMOTO Naoaki ID: 9000003050306

    Fac. of Agr., Kinki Univ. (2008 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • 113 Differences in the response of dry matter production to Saturation deficit of atmosphere and day length in rice (2004)
    • 72 Influence of Rhizobial Inoculation on Growth and Grain Yield of Lowland Rice and Upland Rice (2005)
    • Effects of Atmospheric Saturation Deficiency and Nitrogen Concentration in the Culture Solution on the Growth of Japonica-type Rice Nipponbare and Indica-type Rice IR24 (2008)
  • YAMAMOTO naoaki ID: 9000006645718

    パナソニック (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 5284 The Distributed Collaboration with the Information and Technology Environment : The trial of the Experimental workshop "Life Architecture" (2001)
    • 佳作 : BIOFIED LIVING/ARCHITECTURE/COMMUNITY(2012年度日本建築学会技術部門設計競技入選作品「デジタルデザイン環境によって可能になる建築・都市」) (2012)
Page Top