Search Results1-20 of  44

  • 1 / 3
  • 山田 有紀 ID: 9000001213923

    Department of Orthopaedic Surgery, Kariya General Hospital (2003 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Evaluation of femoral neck fracture operated with Hansson pin system (2003)
  • 山田 有紀 ID: 9000006326306

    東京都保健医療公社 荏原病院 看護科 (2006 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • O-035 完全母乳育児の希望に対する変化の研究 : 出産前後を比較して(Group7 乳房管理I,一般口演) (2006)
  • 山田 有紀 ID: 9000006957035

    奈良県立医科大学消化器・総合外科 (2009 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • RSF-021-3 周囲臓器への浸潤を認めた左上腹部Inflammatory myofibroblastic tumorの1切除例(下部消化管(その他2),研修医の発表セッション,第109回日本外科学会定期学術集会) (2009)
  • 山田 有紀 ID: 9000008985443

    Articles in CiNii:1

    • 酸化チタン/アパタイト複合被覆PET繊維 (特集 高度化する複合テキスタイル Part-1) (2002)
  • 山田 有紀 ID: 9000014629790

    千葉大院園芸 (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • 23-23 山砂採取跡地の植林における温室効果ガス動態と炭素収支(23.地球環境,2008年度愛知大会) (2008)
    • P21-1 山砂採取跡の荒廃地における木本・マメ科草本・アーバスキュラー菌根菌を組み合わせた植生回復(ポスター紹介,21.緑化技術,2010年度北海道大会) (2010)
    • 山砂を用いたポット試験におけるオオバヤシャブシの生育と窒素固定(2009年度大会一般講演要旨) (2009)
  • 山田 有紀 ID: 9000018708591

    三豊総合病院外科 (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:4

    • 胃十二指腸潰瘍穿孔の治療法選択におけるCTによる腹水定量の有用性 (2011)
    • Case report: A case of advanced occult breast carcinoma (2011)
    • SF-107-3 下部消化管手術におけるSSI危険因子の検討 : 真皮埋没縫合はSSI発生を減少させるか?(サージカルフォーラム(107)大腸:周術期管理,第111回日本外科学会定期学術集会) (2011)
  • 山田 有紀 ID: 9000239874990

    公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院510病棟 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-033 バースプラン内容の分析による保健指導のあり方についての検討 : より良い出産を目指して(Group2 分娩,ポスターセッション) (2012)
  • 山田 有紀 ID: 9000241557077

    Articles in CiNii:2

    • Combined Surgical and Endovascular Treatment (Hybrid-procedure) of Thoracoabdominal Dissecting Aneurysm (2013)
    • Coronary Artery Bypass Grafting (CABG) and Simultaneous Cardiac Resynchronization Therapy in a Patient with Left Ventricular Noncompaction Repeating Heart Failure (2013)
  • 山田 有紀 ID: 9000255971093

    刈谷総合病院整形外科 (2003 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Evaluation of femoral neck fracture operated with Hansson pin system (2003)
  • 山田 有紀 ID: 9000278509901

    Articles in CiNii:1

    • Analysis of error pattern association of ITPA "auditory association" in children with high function autistic spectrum disorder (2014)
  • 山田 有紀 ID: 9000327925893

    奈良県立医科大学産科婦人科学教室 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • B-7. 卵巣がんの術中にALN下大静脈フィルターの静脈穿孔に対しウシ心嚢膜パッチにて修復を行った1例 (2015)
  • 山田 有紀 ID: 9000327925929

    奈良県立医科大学産科婦人科学教室 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • B-11. 開腹手術退院後に肺血栓塞栓症を発症した境界悪性卵巣腫瘍の1例 (2015)
  • 山田 有紀 ID: 9000342796369

    Articles in CiNii:1

    • 子宮体部病変に対する複合型光ファイバースコープの 臨床応用とその可能性 (婦人科におけるレーザー治療) (2017)
  • 山田 有紀 ID: 9000356906558

    Articles in CiNii:1

    • お母さんに寄り添う,助産師による超音波検査 (特集 超音波検査の今と助産師のかかわり方) (2017)
  • 山田 有紀 ID: 9000364448021

    奈良県立医大 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:15

    • K-40 致死的因子を含む割合が関連する羊水塞栓症における死亡率(高得点演題10 周産期,第63回日本産科婦人科学会学術講演会) (2011)
    • P1-14-17 某県における母体搬送受け入れ状況の改善への取り組み(Group25 産科救急搬送2,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会) (2011)
    • P1-17-21 選択的帝王切開の至適施行時期の検討(Group35 産科手術2 帝王切開分娩・無痛分娩・VBAC,一般演題,第63回日本産婦人科学会学術講演会) (2011)
  • 山田 有紀 ID: 9000364531187

    奈良県立医大 (2016 from CiNii)

    Articles in CiNii:10

    • P1-24-8 異なる転帰をたどった悪性リンパ腫合併妊娠の2例(Group24 合併症妊娠2,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第66回学術講演会) (2014)
    • P2-34-7 妊娠高血圧症候群患者の産褥期利尿困難症例に対するカルペリチドの効果についての検討(Group 72 妊娠高血圧症候群1,一般演題,第66回学術講演会) (2014)
    • P2-36-9 風疹抗体非保有者は20歳代前半の妊婦に多い : 更なる先天性風疹症候群発生への警鐘(Group 74 周産期の感染症1,一般演題,第66回学術講演会) (2014)
  • 山田 有紀 ID: 9000364587523

    Articles in CiNii:9

    • Massive Subcutaneous Emphysema in Laparoscopic Myomectomy and a Literature Review (2017)
    • 卵巣成熟囊胞性奇形腫の再発に関する検討 (2017)
    • P2-6-1 子宮体部病変に対する極細複合型光ファイバ内視鏡診断の臨床応用(Group6 子宮体部腫瘍・診断,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会) (2016)
  • 山田 有紀 ID: 9000388473446

    Articles in CiNii:1

    • 一般病棟における看護師のがん看護に対する困難感の現状 (2017)
  • 山田 有紀 ID: 9000399178330

    Articles in CiNii:1

    • Laparoscopic drainage for pelvic abscess of severely obese patient BMI 58.4 : A case report (2018)
  • 山田 有紀 ID: 9000402274382

    Articles in CiNii:1

    • 症例 23年の長期経過後にGrowing teratoma syndromeと推定された1症例 (2019)
  • 1 / 3
Page Top