Search Results1-17 of  17

  • 岡村 僚久 ID: 9000010762315

    Articles in CiNii:3

    • IL-10-producing regulatory T cells (2009)
    • Qa-1拘束性CD8陽性制御性T細胞の分化と機能 (特集 MHCクラスⅠb拘束性T細胞研究の新展開) (2018)
    • LAG3陽性制御性T細胞による免疫制御機構 (第5土曜特集 制御性T細胞研究の現在) -- (基礎) (2019)
  • 岡村 僚久 ID: 9000017581637

    東京大学医学部アレルギーリウマチ内科 (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • S5-3 新規Treg細胞による自己免疫制御 : マウスとヒト(S5 リウマチ性疾患の病態解明と新規治療法,シンポジウム,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会) (2010)
  • 岡村 僚久 ID: 9000240049713

    東京大学医学部アレルギーリウマチ内科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • シンポジウム1-3  制御性T細胞と自己免疫 (2012)
  • 岡村 僚久 ID: 9000265247955

    東京大学医学部附属病院 アレルギー・リウマチ内科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P6-001  CD4陽性CD25陰性LAG3陽性制御性T細胞による自己抗体産生制御機構 (2014)
  • 岡村 僚久 ID: 9000265248121

    東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P3-008  免疫恒常性維持における転写因子Egr2/Egr3の役割 (2014)
  • 岡村 僚久 ID: 9000270293977

    First Department of Internal Medicine, Tottori University School of Medicine (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • 多彩な経過を示した阻害型TSH受容体抗体(TSBAb)陽性粘液水腫長期観察症例(2例) (2002)
    • Kinetic study of ion transport by pendrin (2005)
    • Increased serum concentration of IL-8/CXCL8 in patients with Grave's disease and MCP-1/CCL2 and IP-10/CXCL10 in patients with silent thyroiditis (2003)
  • 岡村 僚久 ID: 9000309180990

    東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • シンポジウム1-2 LAG3陽性制御性T細胞とTGF-β3の病態への関与と疾患制御への可能性 (2015)
  • 岡村 僚久 ID: 9000309181034

    東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科|マックスプランク・東京大学統合炎症学センター (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 専門スタディーフォーラム1-3 T細胞 B細胞を制御するT細胞 (2015)
  • 岡村 僚久 ID: 9000331873672

    Articles in CiNii:1

    • 疾患からみた細胞表面機能分子(第9回)SLEにおけるCD4陽性LAG3陽性制御性T細胞 (2016)
  • 岡村 僚久 ID: 9000345401318

    東京大学医学部附属病院 アレルギーリウマチ内科 (2016 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 専門スタディー1-3 B細胞 抑制性サイトカインによるB細胞制御 (2016)
  • 岡村 僚久 ID: 9000345402560

    東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科 (2016 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P2-49 CD4陽性CD25陰性LAG3陽性 制御性T細胞における転写因子Klf1の役割 (2016)
  • 岡村 僚久 ID: 9000375886279

    東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科|マックスプランク・東京大学統合炎症学センター (2017 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • KS-4 CD4陽性T細胞における転写因子Klf1を介したPD-L1発現誘導機構 (2017)
  • OKAMURA Tomohisa ID: 9000256890871

    Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo (2017 from CiNii)

    Articles in CiNii:18

    • Toward therapeutic application of IL-lO-producing regulatory T cells (2013)
    • CD4⁺CD25⁻LAG3⁺制御性T細胞による免疫制御 (第1土曜特集 制御性T細胞 : その基礎と臨床展開) -- (Tregの基礎研究) (2013)
    • P1-032  転写因子Egr-2を介する新規IL-27シグナル伝達経路はナイーブT細胞からのIL-10産生を制御する (2012)
  • OKAMURA Tomohisa ID: 9000283415020

    Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • The functions of CD4+CD25-LAG3+ regulatory T cells and Egr2 in the regulation of autoimmunity (2014)
  • Okamura Tomohisa ID: 9000391771511

    東京大学医学部アレルギー・リウマチ内科 (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • CD4陽性CD25陰性LAG3陽性制御性T細胞と自己免疫疾患 (2011)
  • Okamura Tomohisa ID: 9000391779461

    Articles in CiNii:1

    • ヒトCD4+CD25-LAG3+ T細胞と、マウスLAG3陽性制御性T細胞の類似性 (2009)
  • Okamura Tomohisa ID: 9000391780175

    東京大学医学部 アレルギーリウマチ内科 (2009 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • T cell activation with 'extended antigen presentation' was induced differentially by DCs and B cells. (2009)
Page Top