Search Results1-11 of  11

  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000045427775

    北九州市立医療センター小児外科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 28. 右下大静脈後尿管の1例(一般演題,第49回日本小児外科学会九州地方会) (2012)
  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000045429402

    北九州市立医療センター小児外科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 27. 精巣破裂の1例(一般演題,第49回日本小児外科学会九州地方会) (2012)
  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000364867471

    佐賀県立病院好生館外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OP10-3 肝芽腫との鑑別を要した肝間葉性過誤腫の1男児例(ポスター 肝芽腫3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 広瀬 龍一郎 ID: 9000364872783

    佐賀県立病院小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 12.偶然に肝内の多発性腫瘤で発見された乳児神経芽腫の1例(第34回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会,研究会) (2005)
    • 19.著明な左心機能低下をきたした両側Wilms腫瘍の1例(第34回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会,研究会) (2005)
  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000364872785

    Articles in CiNii:1

    • 13.化学療法中に増大しながら分化成熟したマス発見神経芽腫の1例(第34回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会,研究会) (2005)
  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000364904670

    Articles in CiNii:1

    • 8.治療前に急性心不全を発症したWilms腫瘍の1例(第36回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会,研究会) (2008)
  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000364922996

    Articles in CiNii:1

    • 14.嚢胞様構造を呈した腎外性腎芽腫の1例(第40回九州地区小児固形悪性腫瘍研究会) (2011)
  • 廣瀬 龍一郎 ID: 9000370754865

    北九州市立医療センター小児外科 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OS14-03 Potts法から学ぶLPEC手術操作法の理解:―LPEC手術の導入に際してのチームでの工夫― (2012)
  • Goto Seiichi ID: 9000003454483

    九州大学小児外科 (1990 from CiNii)

    Articles in CiNii:22

    • 122 Hirschspurung病腸管におけるペプチド含有神経に関する免疫組織化学的研究 (1987)
    • 示13 新生児Hirschsprung病類似疾患 : 特にlong segment agangliososis類似疾患症例の検討 (1987)
    • 示18 機能的腸閉塞症状を示した2症例を摘出腸管に於ける自発膜活動並びに神経筋伝達様式の電気生理学的研究 (1987)
  • Hirose Ryuichiro ID: 9000002895685

    Articles in CiNii:127

    • Solid Cystic Tumor of the Pancreas Discovered Incidentally After Upper Abdominal Trauma : a Case report (1997)
    • A Case of Omental Cyst Containing CSF Associated With a VP Shunt (2013)
    • 肥厚性幽門狭窄症に類似した腹部単純X線像を呈した中腸軸捻転の1例 (主題 肝・消化器疾患) (2005)
  • Hirose Ryuichiro ID: 9000259837655

    Department of General Thoracic, Breast, and Pediatric Surgery, School of Medicine, Fukuoka University (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Two cases of pleuroplumonary blastoma (2014)
Page Top