Search Results1-11 of  11

  • 弓削 邦夫 ID: 9000008419799

    Articles in CiNii:2

    • 健常小児,ことに健常新生児におけるP波,Pベクトルの空間的定量的研究-1-健常小児,ことに健常新生児におけるFrank誘導高速度高振幅スカラ-心電図によるP波およびPベクトルの空間的定量的分析について (1982)
    • 健常小児,ことに健常新生児におけるP波,Pベクトルの空間的定量的研究-2-健常小児,ことに健常新生児における空間マグニチュ-ド心電図および空間速度心電図によるP波の空間的定量的分析について (1982)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254169437

    第一病院小児科 (1976 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本医科大学医学会第28回例会抄録 (1976)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254612740

    第一病院小児科 (1976 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第44回日本医科大学大学医学会総会講演抄録:一般講演 その2 (1976)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254613142

    第一病院小児科 (1976 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第44回日本医科大学大学医学会総会講演抄録:一般講演 その1 (1976)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254613717

    第一病院小児科 (1977 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第45回日本医科大学大学医学会総会講演抄録:一般講演 その3 (1977)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254614196

    第一病院小児科 (1977 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第45回日本医科大学大学医学会総会講演抄録:一般講演 その2 (1977)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254614675

    第一病院小児科 (1977 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第45回日本医科大学大学医学会総会講演抄録:一般講演 その1 (1977)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000254615202

    第一病院小児科 (1978 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 日本医科大学医学会第33回例会抄録 (1978)
  • 弓削 邦夫 ID: 9000256121502

    日本医科大学第1病院小児科 (1975 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • An autopsy case of infantile spasms (1975)
  • YUGE Kunio ID: 9000003951936

    Department of Pediatrics, Nippon Medical School (1997 from CiNii)

    Articles in CiNii:8

    • Familial Chronic Fatigue Syndrome with Positive Antinuclear Antibodies (1997)
    • 290.健常小児,ことに新生児におけるFrank誘導スカラー心電図,空間マグニチュード心電図および空間速度心電図によるQRSおよびT波の空間的定量的分析について : 第43回日本循環器学会学術集会 : VCG (1979)
    • Anthracycline系薬剤を使用した急性白血病児の運動負荷による心予備能の検討 (1992)
  • Yuge Kunio ID: 9000254172248

    Department of Pediatrics, Nippon Medical School (1992 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Spatial and quantitative analysis of the QRS and T waves by Frank-lead orthogonal electrocardiography in normal children. Comparative study in an early and late cord-clamping groups in newborns.:Comparative study in an early and late cord-clamping groups in newborns (1992)
Page Top