Search Results1-20 of  25

  • 1 / 2
  • 水流 聡子 ID: 9000398432570

    Articles in CiNii:1

    • 点滴PFCを活用した薬剤稀釈エラー防止対策への取り組み (第106回成医会青戸支部例会) (2012)
  • 水流 聡子 ID: 9000398437204

    Articles in CiNii:1

    • 手術業務プロセスの標準構築とその質保証 (第130回成医会総会一般演題) (2013)
  • 水流 聡子 ID: 9000398440465

    Articles in CiNii:1

    • 患者状態適応型パスシステムを利用した問診票開発と地域連携モデル構築 (第108回成医会葛飾支部例会) (2015)
  • 水流 聡子 ID: 9000398777093

    Articles in CiNii:1

    • 規格開発者向けのエクセレントサービスを設計するためのガイドを提供 (特集 サービス標準化 最前線) (2018)
  • 水流 聡子 ID: 9000403669028

    Articles in CiNii:1

    • サービスの価値共創モデルにおける気づきの役割 (2013)
  • 水流 聡子 ID: 9000404629065

    Articles in CiNii:1

    • Standardization Trends サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み(第1回)なぜサービスエクセレンスの国際標準が開発されることになったのか (2019)
  • 水流 聡子 ID: 9000404844238

    Articles in CiNii:1

    • Standardization Trends サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み(第2回)国際標準化への議論の経緯 : DINでの規格開発からISO/TC312での議論がスタートするまで (2019)
  • 水流 聡子 ID: 9000405697056

    Articles in CiNii:1

    • Standardization Trends サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み(第3回)現時点までのサービスエクセレンスの国際標準(ISO/TC312)についての活動・議論と日本の思案 : ISO/TC312 Service in Excellence 2017年9月~2019年10月までの経緯 (2019)
  • 水流 聡子 ID: 9000405922245

    Articles in CiNii:1

    • Standardization Trends サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み(第4回)サービスエクセレンスの国際標準規格構成と、日本が主査を務めるWG2による「卓越した顧客経験を実現するためのエクセレントサービスの設計 : ISO/TS 24082 Designing excellent service achieving outstanding customer experience」 (2020)
  • 水流 聡子 ID: 9000406395450

    Articles in CiNii:1

    • Standardization Trends サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み(第5回)日本のサービス標準開発への取組み(JSA-S 1002の開発趣旨と概要、JSA-S 1002に基づく領域別エクセレントサービス標準開発) (2020)
  • 水流 聡子 ID: 9000408897524

    Articles in CiNii:1

    • PCAPS導入による看護記録の効率化 (特集 看護記録の効率化 : 働き方改革の中でケアする時間をどう捻出するか) (2020)
  • 水流 聡子 ID: 9000409373863

    Articles in CiNii:1

    • Standardization Trends サービスエクセレンスの国際標準化動向と日本の取組み(第6回・最終回)サービスエクセレンスの国際標準ISO/TS 24082 : Service Excellence : Designing excellent services to achieve outstanding customer experiencesにおける注目ポイント・デジタルトランスフォーメーションの意義と課題 (2020)
  • 水流 聡子 ID: 9000410467923

    Articles in CiNii:1

    • 教育・評価・コミュニケーション 脳卒中リハビリテーションの標準化へ向けた取り組み : 病巣と障害像、評価の整理 (JOURNAL in JOURNAL 輝け! リハビリチーム(vol.4 no.5)) (2020)
  • 水流 聡子 ID: 9000410634761

    Articles in CiNii:1

    • The Challenge for the International Standardization of Designing Excellent Service in Service Excellence Section of JSQC (2020)
  • TSURU Satoko ID: 9000045430379

    Articles in CiNii:39

    • 電子カルテと作業療法 (2002)
    • The 34th Workshop at the Fuji Education Institute (2008)
    • EBNに不可欠な看護用語の標準化 (特集 EBNに活かす看護記録) (2003)
  • TSURU Satoko ID: 9000254539113

    Department of Medical Informatics and Hospital Systems Management, Hiroshima University Medical Hospital (2003 from CiNii)

    Articles in CiNii:9

    • Bioelectrical Impedance Measuring Method for Standing Load Evaluation (1995)
    • Influences of Basic Nursing Education on the Working Continuity of Nursing Profession. (1996)
    • 前立腺肥大症術後の持続膀胱洗浄の管理に関する基準の作成 (1993)
  • TSURU Satoko ID: 9000408449314

    東京大学 (2018 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Purpose to Establish Service Excellence Division and Production Innovation Division ―Toward Quality-Driven Business Management to Support Innovation Strategy― (2018)
  • TSURU Satoko ID: 9000408657598

    Department of Public Health, Hiroshima University School of Medicine (1996 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Influences of Basic Nursing Education on the Working Continuity of Nursing Profession (1996)
  • TSURU Satoko ID: 9000408903835

    Articles in CiNii:9

    • Development and Evaluation of The Set of Identifier in Electronic Nursing data version alpha (2001)
    • An Evaluation of Nursing Information Science Curriculum in a Medical School (2001)
    • The Research on Electronic Exchange of a Nursing Summary : The Survey of the Nursing Summary Information in Hospital Record (2002)
  • TSURU Satoko ID: 9000410621259

    The University of Tokyo (2020 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Effectiveness Analysis of Method for Competence Evaluation through Description of Cause - and - Effect Diagram in Clinical Laboratory Practice (2020)
  • 1 / 2
Page Top