Search Results1-20 of  22

  • 1 / 2
  • 池末 裕明 ID: 9000017719502

    九州大学病院薬剤部 (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • P1-533 九州大学病院がん化学療法薬薬連携セミナー開催とその評価(一般演題 ポスター発表,地域・在宅医療・薬薬連携,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) (2010)
    • P2-288 ゼヴァリン療法のクリティカルパス作成(一般演題 ポスター発表,癌薬物療法(入院化学療法),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) (2010)
  • 池末 裕明 ID: 9000017720223

    九州大学病院薬剤部 (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • P2-288 ゼヴァリン療法のクリティカルパス作成(一般演題 ポスター発表,癌薬物療法(入院化学療法),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学) (2010)
    • P-0078 造血器腫瘍におけるアプレピタントの効果と安全性の検討(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(副作用対策),Enjoy Pharmacists' Lifestyles) (2011)
  • 池末 裕明 ID: 9000018380795

    Articles in CiNii:1

    • 座談会 スペシャリストが語る がん薬物治療の専門化と今後のチーム医療 (2007)
  • 池末 裕明 ID: 9000240189474

    九州大学病院薬剤部 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • P1-159 自家造血幹細胞移植前処置におけるアプレピタントの有用性および安全性の検討(がん薬物療法(制吐支持療法),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) (2012)
  • 池末 裕明 ID: 9000241485007

    Articles in CiNii:1

    • 第22回日本医療薬学会年会 ランチョンセミナー2C がん化学療法と緩和ケア : 薬剤師が提案する消化器症状対策 (2013)
  • 池末 裕明 ID: 9000241562125

    Articles in CiNii:1

    • 症状と対処の仕方がわかる! 抗がん薬副作用とマネジメント(第7回)悪性リンパ腫 R-CHOP療法 (2013)
  • 池末 裕明 ID: 9000241775534

    Articles in CiNii:1

    • 表在性膀胱がんに用いる薬 (特集 切り取って使える 保存版泌尿器科薬剤ノート(2)泌尿器がんの薬) (2013)
  • 池末 裕明 ID: 9000249252728

    九州大学病院薬剤部 (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 土-P2-168 進行・再発肺がん患者におけるアムルビシンによる重篤な好中球減少症のリスク因子解析(一般演題 ポスター発表,有害事象・副作用,再興、再考、創ろう最高の医療の未来) (2013)
  • 池末 裕明 ID: 9000321410579

    九州大学病院薬剤部 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 21-6-O12-17 切除不能膵癌に対するFOLFIRINOX療法の副作用発現調査 : UGT1A1遺伝子多型解析患者における後方視的検討(薬物治療と遺伝子多型,口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) (2015)
  • 池末 裕明 ID: 9000335186874

    Articles in CiNii:1

    • 服薬アドヒアランスと副作用マネジメント (第54回 日本癌治療学会学術集会Educational Book) -- (第22回日本癌治療学会教育セミナー 分子標的治療薬の副作用とその対策) (2016)
  • 池末 裕明 ID: 9000381064732

    Articles in CiNii:1

    • A Case of Pancytopenia Induced by Drug Interaction with Febuxostat and Azathioprine (2018)
  • 池末 裕明 ID: 9000382644971

    Articles in CiNii:1

    • Prescription Proposals from Pharmacists who Participated in Physician's Examination : Influence on Lenalidomide Therapy (2018)
  • 池末 裕明 ID: 9000399502486

    神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部 (2016 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 4 がん薬物療法(服薬指導・情報提供)2 (2016)
  • 池末 裕明 ID: 9000402071585

    神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部 (2017 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 薬剤師だからデキる経口治療薬のアドヒアランスマネジメント:~アドヒアランスの評価・向上のスキルを身につけ実践しよう~ (2017)
  • Ikesue Hiroaki ID: 9000002865737

    九州大学病院薬剤部 (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:51

    • がん薬物療法における副作用モニタリングと対策 (特集 がん薬物療法に活かす薬剤師の専門性) (2004)
    • がん化学療法ワークシートの開発と評価に関する研究--着眼点と進め方のポイント (薬剤師による臨床研究の進め方--日常業務から医療薬学研究のシーズを育てる) -- (第4章 臨床研究の実例と進め方のポイント) (2006)
    • 悪心・嘔吐に対する制吐剤使用 (特集 知っておきたい標準がん薬物療法) -- (支持療法の最新情報--ASCOガイドライン2006年版を中心に) (2007)
  • Ikesue Hiroaki ID: 9000258050506

    Department of Pharmacy, Kyushu University Hospital (2010 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Investigation of Adverse Drug Reactions in Bortezomib Therapy for Relapsed Multiple Myeloma (2010)
  • Ikesue Hiroaki ID: 9000258051166

    Department of Pharmacy, Kyushu University Hospital (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Standardization of Evaluation of Chemotherapy Regimens using Support Tools:—Evaluation of FEC Regimen by Pharmacists with Little Experience of Chemotherapy Regimens— (2011)
  • Ikesue Hiroaki ID: 9000258051544

    Department of Pharmacy, Kyushu University Hospital (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Development and Evaluation of a System of Preparing Patient Education Sheets in Cancer Chemotherapy (2012)
  • Ikesue Hiroaki ID: 9000345264954

    Department of Pharmacy, Kyushu University Hospital (2015 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Evaluation of Patient Education System to Improve Their Understanding in Patients Treated with Erlotinib or Gefitinib (2015)
  • Ikesue Hiroaki ID: 9000347640181

    Department of Pharmacy, Kyushu University Hospital (2016 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Development and Utility Evaluation of a Compatibility Chart of Injections Commonly Used in the Intensive Care Unit (2016)
  • 1 / 2
Page Top