Search Results1-20 of  23

  • 1 / 2
  • 河野 通明 ID: 9000003904836

    愛北病院 (1978 from CiNii)

    Articles in CiNii:31

    • Study of Electrocardiographic QRS Pattern in LBBB by Simulation of Ventricular Propagation Process and Reconstruction of QRS Patterns : THE 32rd TOKAI AND 10th HOKURIKU JOINT REGIONAL MEETING OF THE JAPANESE CIRCULATION SOCIETY (1974)
    • 50) A case of organic pulmonary regurgitation with pulmonary hypertension. : Tokai Regional Meeting 41 (1978)
    • Effects of Isoproterenol on Conduction Time in Atrio-ventricular Mode by Means of Microelectrode Technique : THE 31ST TOKAI AND THE 9TH HOKURIKU REGIONAL JOINT MEETIG OF THE JAPANESE CIRCULATION SOCIETY (1973)
  • 河野 通明 ID: 9000007271132

    Articles in CiNii:2

    • Epidermal Growth Factorによる細胞増殖促進の反応機構--チロシンリン酸化反応の促進 (1981年の化学-9-) (1982)
    • アセチルコリン受容体--構造と機能 (生理活性アミンと生体制御--受容体・生理・病理) -- (生理活性アミンの受容体) (1981)
  • 河野 通明 ID: 9000007646923

    Articles in CiNii:1

    • 小鞍の発生--平城宮出土の「軛」の再検討 (1987)
  • 河野 通明 ID: 9000007963005

    Articles in CiNii:2

    • 変貌する鮪漁業と輸出 (1957)
    • まぐろの10年 (1957)
  • 河野 通明 ID: 9000007963163

    Articles in CiNii:1

    • 宿命の冷凍鮪と缶詰 (1950)
  • 河野 通明 ID: 9000008654594

    Articles in CiNii:1

    • 冷凍鮪輸出当面の課題を語る (1955)
  • 河野 通明 ID: 9000008699142

    Articles in CiNii:1

    • 古代末期の徴税過程をめぐる貴族階級の動向 (1967)
  • 河野 通明 ID: 9000008837053

    Articles in CiNii:3

    • 歴史学研究会編集「現代歴史学と教科書裁判」 (1973)
    • 歴史のひろば 阿氏河荘片仮名書百姓申状の解釈再論(上)黒田弘子『ミミヲキリ ハナヲソギ』によせて (1998)
    • 歴史のひろば 阿氏河荘片仮名書百姓申状の解釈再論(下)--黒田弘子『ミミヲキリ ハナヲソギ』によせて (1998)
  • 河野 通明 ID: 9000009098251

    Articles in CiNii:7

    • ひろば 唐箕の全国調査をあきらめるの弁 (2001)
    • 書評 用田政晴『信長 船づくりの誤算--湖上交通史の再検討』 (2001)
    • 琵琶湖の丸子船と信長の「大船」との接点 (2001)
  • 河野 通明 ID: 9000017984603

    Articles in CiNii:1

    • ディジタル電子計算機による心室興奮伝播のシミュレーションと心電図QRS波形の構成 心筋硬塞について (第12回ベクトル心電図研究会記録) (1970)
  • 河野 通明 ID: 9000020333990

    名古屋大学環境医学研究所 (1972 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 心室興奮伝播過程と心電図発生のディジタル・シミュレーションのグラフィック・ディスプレイ (1972)
  • 河野 通明 ID: 9000237678338

    Articles in CiNii:14

    • 書評と紹介 磯貝富士男著『中世の農業と気候--水田二毛作の展開』 (2002)
    • 上越地方の曲身踏鋤の伝来と展開(上)地域の民族構成とルーツ復原の試み (2013)
    • 上越地方の曲身踏鋤の伝来と展開(下)民具をなぜ守るのか、どう守るか (2014)
  • 河野 通明 ID: 9000243857209

    京都大学薬学研究科 (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • O1-01 ホスタグ(Phos-tag)を用いた組織切片上でのリン酸化検出法の検討(O1 技術研究・診断,一般口演,第54回日本組織細胞化学会総会・学術集会) (2013)
  • 河野 通明 ID: 9000256883750

    名古屋大学医学部環境医学研究所呼吸循環部門 (1972 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 臨床 心電図右側胸部誘導で QS 波を示す例のベクトル心電図による鑑別診断 (1972)
  • 河野 通明 ID: 9000336380354

    Articles in CiNii:1

    • 地方の現場から見た大化改新の実像 (2016)
  • 河野 通明 ID: 9000399529201

    Articles in CiNii:9

    • 15 研究会報告 民具という非文字資料から日本列島の古代多民族社会を復原する試み (2003)
    • 04 対談 『民具が語る列島の歴史』 (2005)
    • 08 セッションⅢ 民具と民俗技術 (2005)
  • HOSHINO Rika ID: 1000060315265

    Laboratory of Cell Regulation, School of Pharmaceutical Sciences, Nagasaki University (2000 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • Constitutive activation of the ERK-MAP kinase pathway in human tumors (2000)
    • 前立腺癌におけるMAP(Mitogen-activated protein)kinaseの活性化 (1996)
  • KAWANO Michiaki ID: 9000005947328

    鹿児島大学大学院 (2000 from CiNii)

    Articles in CiNii:4

    • Individual Differences in Subjective Preferences for Sound Fields : Examination of Change of Relationship between Preferred Initial Time Delay Gap and Effective Duration with Reflections (1999)
    • 421 音場の主観的プリファレンスにおける個人差に関する研究 : 有効継続時間による最適初期反射音遅れ時間の変動の傾向(環境工学) (1999)
    • 422 音場の主観的プリファレンスの個人差に関する研究 : 最適初期反射音遅れ時間の好みに影響を与える要因に関する無響室内実験とインターネットを利用した実験との比較(環境工学) (1999)
  • KOHNO MICHIAKI ID: 1000000027335

    Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:8

    • Constitutive activation of the ERK-MAP kinase pathway in human tumors (2000)
    • 細胞増殖因子作用における百日咳毒素感受性GTP結合タンパク質およびCキナ-ゼの役割--シグナル伝達経路に基づく細胞増殖因子の分類 (1991)
    • ERK-MAPキナーゼカスケードを標的とした癌治療 (特集 分子・細胞標的治療--基礎と臨床) -- (基礎) (2004)
  • KOHNO MICHIAKI ID: 9000253215773

    Articles in CiNii:1

    • QRS Patterns in Anterior Subendocardial Infarction : By Means of Simulation of Propagation Process and Computational QRS Reconstruction (1970)
  • 1 / 2
Page Top