Search Results1-13 of  13

  • 浅野 佳徳 ID: 9000003764240

    千葉大耳鼻科 (1966 from CiNii)

    Articles in CiNii:5

    • 15. Asthma and Nasal Allergy(Discussion II. Asthma) (1966)
    • 17)直達性副鼻洞外傷の2例 : 竹片及び木片(千葉耳鼻咽喉科会第39回例会,千葉医学会第373回例会連合会) (1961)
    • D.耳鼻咽喉科疾患における貧血について(1.耳鼻咽喉科領域における貧血の問題,第366回千葉医学会例会,第38回千葉耳鼻咽喉科会例会) (1961)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000014374694

    千葉耳鼻科 (1966 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • 87.アレルギー性疾患患者における皮内反応について (第1報)(<シンポジウム>VIII-2 皮膚反応) (1966)
    • 86. 鼻アレルギーの治療に関する研究(第14回日本アレルギー学会総会) (1965)
    • 99. アレルギー性疾患の研究(第6報) : クワモドキ及びカナムグラについて(第14回日本アレルギー学会総会) (1965)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000020517588

    旭中央病院 (1975 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第33回 日本平衡神経科学会秋季学会 (1975)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000020844127

    千葉大学医学部耳鼻咽喉科学教室 (1967 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 鼻アレルギーの病因抗原検索 (1967)
  • 淺野 佳徳 ID: 9000020941307

    千葉大学医学部耳鼻咽喉科学教室 (1967 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 本邦における慢性副鼻腔炎の頻度について (1967)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000021028671

    千葉大学医学剖耳鼻咽喉科学教室 (1968 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • ブタクサ花粉症からみた鼻アレルギーの診断と治療 (1968)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000254502575

    Articles in CiNii:1

    • 本邦における慢性副鼻腔炎の病態 (1965)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000254778218

    国保旭中央病院耳鼻咽喉科 (1983 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 通年性鼻アレルギーに対するHC 20-511 (Ketotifen) とClemastine fumarate との二重盲検比較試験による臨床的検討 (1983)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000254778474

    旭中央病院耳鼻咽喉科 (1983 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 通年性鼻アレルギーに対するKetotifenの使用経験 (1983)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000254778851

    旭中央病院耳鼻咽喉科 (1984 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 小児通年性鼻アレルギーに対するKetotifenシロップ剤の使用経験 (1984)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000254779309

    旭中央病院 (1986 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • スギ花粉症に対するケトチフェン季節前投与の予防効果 (1986)
  • 浅野 佳徳 ID: 9000254780658

    旭中央病院耳鼻咽喉科 (1990 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Experience in the use of ketotifen-MR tahlet for allergic rhinitis. (1990)
  • ASANO YOSHINORI ID: 9000020906360

    Department of Oto-rhino-laryngology Chiba University, (1967 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • CLINICAL STUDY ON THE ETIOLOGIC FACTORS OF SO-CALLED NASAL ALLERGY (1967)
Page Top