Search Results1-20 of  30

  • 1 / 2
  • 田中 元子 ID: 9000006651902

    mosaki (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:11

    • 2011年度日本建築学会大会(関東)の概要 (2012)
    • けなげな建築キャラ「ひろばくん」(建築みやげ・建築グッズ) (2008)
    • 林厚見 : 創造性と事業価値をつなぐビジネスモデルのデザイン(<連載>建築業界サイド・バイ・サイド) (2009)
  • 田中 元子 ID: 9000009628311

    Articles in CiNii:1

    • 師弟交流Q&A 表記をめぐって (2002)
  • 田中 元子 ID: 9000018514227

    Articles in CiNii:1

    • SPECIAL COVERAGE 「建築写真」をめぐる15の問い--転換期の記録メディアが模索する、新しいリアリティ (2006)
  • 田中 元子 ID: 9000241125841

    モサキ (2013 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • 特集 「異業種シェア」の相乗効果--空間・設備の共有から、刺激の共有へ (SPECIAL FEATURE Next-A) (2006)
    • 「けんちく体操」ワークショップを中心とした建築教育プログラムの実践と普及活動(2013年日本建築学会教育賞(教育貢献)) (2013)
    • 特集 グラフィカル アーキテクチュア (SPECIAL FEATURE Next-A) (2006)
  • 田中 元子 ID: 9000275835440

    Articles in CiNii:1

    • 「どうくらすか」をデザインする ブルースタジオ U&Me komichi/青豆ハウス (特集 建てない建築家とつなぎ直す未来 : リレーショナル・アーキテクトの誕生) -- (住まいを変える) (2015)
  • 田中 元子 ID: 9000399418145

    Articles in CiNii:1

    • 20-P3-423 炭酸カルシウム服用血液透析患者における血清リン値に対するプロトンポンプ阻害薬の影響と遺伝子多型の関係(薬物療法(その他),来るべき時代への道を拓く) (2008)
  • 田中 元子 ID: 9000399428351

    Articles in CiNii:1

    • P1-545 カルシウム受容体作動薬が二次性副甲状腺機能亢進症患者の血清酸化ストレスに及ぼす影響(一般演題 ポスター発表,薬物療法(腎疾患),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合) (2009)
  • 田中 元子 ID: 9000399476948

    Articles in CiNii:1

    • 27-P3PM-001 健康食品の腎不全治療への応用 : 透析患者におけるキトサンの抗酸化作用の定量的解析(健康食品・サプリメント,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア) (2014)
  • 田中 元子 ID: 9000399489098

    Articles in CiNii:1

    • 21-2-S1-1 糖尿病性腎症の総論(糖尿病腎症の進展防止をめざした糖尿病治療薬による血糖管理,シンポジウム1,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) (2015)
  • 田中 元子 ID: 9000399559929

    Articles in CiNii:1

    • まちに集(つど)えば 喫茶ランドリーから見える理想の「まちのにぎわい」 (2018)
  • 田中 元子 ID: 9000403438062

    Articles in CiNii:1

    • From the Construction Laboratory of a School(Vol.15)A Professor and Students Consider Various Possibilities : Keio University SFC : Graduate School of Media and Governance : Professor : Hajime Ishikawa (2016)
  • 田中 元子 ID: 9000404151668

    Articles in CiNii:1

    • ティップネス小宮克巳氏・グランドレベル田中元子氏に訊く ティップネスと喫茶ランドリーが織りなす"星座" (2019)
  • 田中 元子 ID: 9000404620520

    Articles in CiNii:1

    • 1階で能動性を発露させる (2019)
  • TANAKA Motoko ID: 9000002899158

    First Department of Surgery, Nippon Medical School (2001 from CiNii)

    Articles in CiNii:14

    • Metastatic Prostate Cancer in Retroperitoneal Tumors Diagnosed by the Pathological Examination as an Occult Carcinoma (2001)
    • 509 大腸 Neuroendocrine cell carcinoma (NECC) の臨床病理学的および免疫組織学的検討(<特集>第50回日本消化器外科学会総会) (1997)
    • III-99 大腸neuroendocrine cell carcinoma(NEC)細胞株N-TAK1の増殖に対するガストリン関与についての検討 (1998)
  • TANAKA Motoko ID: 9000006829544

    Articles in CiNii:20

    • 透析患者におけるTTV感染についての臨床的検討 (1999)
    • 5.要介護透析患者支援のためのシステム構築の試み - 第45回日本透析医学会シンポジウムより - (2001)
    • Effects of fluvastatin on plasma lipid abnormalities in hemodialysis patients with chronic renal failure (2002)
  • TANAKA Motoko ID: 9000255722777

    Articles in CiNii:1

    • A hemodialysis patient with secondary hyperparathyroidism in whom primary parathyroid adenoma was resected 27 years previously. (2003)
  • TANAKA Motoko ID: 9000256093322

    Department of Nephrology, Akebono Clinic|Kumamoto Study Group of PEIT for Secondary Hyperparathyroidism (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • A case of secondary hyperparathyroidism with an ectopic intrathyroid gland successfully diagnosed and controlled by percutaneous ethanol injection therapy(PEIT). (2002)
  • TANAKA Motoko ID: 9000256093347

    Department of Nephrology, Akebono Clinic (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Effects of fluvastatin on plasma lipid abnormalities in hemodialysis patients with chronic renal failure. (2002)
  • TANAKA Motoko ID: 9000256093594

    Department of Nephrology, Akebono Clinic (2003 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Examination of HCV infection in hemodialysis patients with HCV-RNA assay using a magnetic extraction method (AmpliCap GT HCV MONITOR Test Kit v2.0 and AmpliCap GT HCV Specimen Preparation Kit v2.0) (2003)
  • TANAKA Motoko ID: 9000256093928

    Articles in CiNii:1

    • Clinical courses of two male siblings with Fabry disease on hemodialysis (2005)
  • 1 / 2
Page Top