検索結果19件中 1-19 を表示

  • 田代 俊孝 ID: 9000004114287

    CiNii収録論文: 42件

    • 「選択」から「唯信」への思想的展開 (仏教大学における第二十九回〔日本印度学仏教学会〕学術大会紀要-1-) (1978)
    • 隆寛と親鸞の思想的交渉--本願論を中心として (立正大学における第30回〔日本印度学仏教学会〕学術大会紀要-1-) (1979)
    • 三願転入の現在性 (竜谷大学における第31回〔日本印度学仏教学会〕学術大会紀要-2-) (1981)
  • 田代 俊孝 ID: 9000241515314

    CiNii収録論文: 1件

    • 仏教のいのち観と生命倫理 (特集 生命をめぐる先端技術と医の倫理) (2013)
  • 田代 俊孝 ID: 9000241645778

    CiNii収録論文: 1件

    • 親鸞の「信心仏性」について (特集 『教行信証』の研究 : 親鸞聖人七百五十回忌記念) (2011)
  • 田代 俊孝 ID: 9000241741275

    CiNii収録論文: 1件

    • 講演 二〇一二年度 真宗大谷派教学大会 共業の自覚と「われら」としての二種深信 (信仰と社会) (2013)
  • 田代 俊孝 ID: 9000250171443

    CiNii収録論文: 1件

    • 法然と南都浄土教 : 善導『観経疏』の受容をめぐって (2014)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254383725

    大谷大学大学院 (1979年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 隆寛と親鸞の思想的交渉-本願論を中心として- (1979)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254384224

    同朋学園仏教文化研究所 (1982年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 越前丹山文庫所蔵麗蔵校合黄檗版一切経について (1982)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254384735

    同朋大学 (1988年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • デス・エデュケーション (生と死の教育) について -親鸞の立場から- (1988)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254907795

    大谷大学大学院 (1978年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 「選択」から「唯信」への思想的展開 (1978)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254907973

    同朋学園仏教文化研究所 (1981年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 三願転入の現在性 (1981)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254909087

    同朋大学 (1990年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 第四十一回学術大会シンポジウム「脳死・臓器移植問題および生命倫理」報告:死の受容と臓器移植について (1990)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254909480

    同朋大学 (1992年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 末期患者への精神的介護と仏教 (1992)
  • 田代 俊孝 ID: 9000254910222

    同朋大学 (1997年 CiNii収録論文より)

    CiNii収録論文: 1件

    • 蓮如における死の受容と超越 (1997)
  • 田代 俊孝 ID: 9000278504160

    CiNii収録論文: 1件

    • 「慈悲のかわりめ」考 : 『歎異抄』第四条試解 (2015)
  • 田代 俊孝 ID: 9000297506397

    CiNii収録論文: 1件

    • 織田顕信先生を偲ぶ (織田顕信先生を偲ぶ) (2014)
  • 田代 俊孝 ID: 9000297507324

    CiNii収録論文: 1件

    • 『歎異抄』の「右斯聖教者…」の付文と禁書説について (2014)
  • 田代 俊孝 ID: 9000356536186

    CiNii収録論文: 1件

    • 目幸黙僊先生を偲ぶ (2016)
  • 田代 俊孝 ID: 9000356536200

    CiNii収録論文: 1件

    • 「前念命終 後念即生」考 (2016)
  • 田代 俊孝 ID: 9000394467094

    CiNii収録論文: 1件

    • 『御文』における「タノム」の語義について (2017)
ページトップへ