Search Results1-8 of  8

  • 畠中 寛 ID: 9000004458417

    Articles in CiNii:4

    • 発生と分化のモデル--クロム親和性細胞とPC12h細胞 (実験室における神経細胞モデル--クロム親和性細胞を用いて<特集>) (1987)
    • 脳の可塑性の物質的基礎--中枢コリナ-ジックニュ-ロンの生存を支える神経成長因子 (1988)
    • ポリアミンアナログの合成と生理活性 (生理活性アミンと生体制御-上-) -- (生理活性アミンの代謝と関連酵素) (1981)
  • 畠中 寛 ID: 9000007188595

    Articles in CiNii:1

    • 脳細胞を再生,成長,修復する「神経栄養因子」 (生命・この「小宇宙」の謎に挑む<特別企画>) -- (今気になる生命科学の最前線) (1991)
  • 畠中 寛 ID: 9000007193708

    Articles in CiNii:1

    • 国鉄輸送の産業連関分析 (1966)
  • 畠中 寛 ID: 9000007303903

    Articles in CiNii:5

    • 脳研究と蛋白質研究 (特集:蛋白質研究--21世紀の生命科学に向けて) (1998)
    • 分子からみた脳神経系 (特集 ニュ-ロサイエンス最前線--脳と心のメカニズムを探る) (1998)
    • ニュ-ロンの死 (1996)
  • 畠中 寛 ID: 9000008108064

    Articles in CiNii:4

    • NGFシンポジウムに参加して (1986)
    • リタ・レビ-モンタルチ-ニ博士とNGF (1986年度ノ-ベル医学・生理学賞) (1987)
    • 第24回北米神経科学会 (1995)
  • 畠中 寛 ID: 9000364885686

    大阪大学・蛋白質研究所 (1994 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 神経細胞の生と死(研究会「生物システムにおける認識機能の自己組織過程と自己崩壊過程」,研究会報告) (1994)
  • HATANAKA HIROSHI ID: 1000014401859

    大阪大学蛋白質研究所生合成部門 (2001 from CiNii)

    Articles in CiNii:37

    • ニューロトロフィンの神経栄養因子作用における細胞内シグナルの持続性 (1996)
    • 小脳顆粒細胞におけるp53依存性アポトーシスに関わる蛋白質の解析 (1996)
    • 小脳顆粒細胞におけるP13'-キナーゼのアポトーシズ制効果 (1996)
  • Hatanaka Hiroshi ID: 9000258011306

    Department of Neuro science Mitsubishi-Kasei Institute of Life Science (1988 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Primary culture of rat CNS neurons—Role of NGF on the cultured neurons— (1988)
Page Top