Search Results1-11 of  11

  • 花田 亜希子 ID: 9000004016443

    北大循環器内科 (1997 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 37) 房室解離を伴ったNerally Mediated Syn-copeに対する1治療例 (1997)
    • 59) 高血圧症を合併したウィリアムス症候群の1症例(日本循環器学会 第73回北海道地方会) (1996)
  • 花田 亜希子 ID: 9000255952949

    北海道大学医学部循環器内科 (1999 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第45回循環器負荷研究会 磁気共鳴スペクトロスコピー(31P-MRS)を用いた慢性心不全患者の骨格筋代謝能測定と下腿局所トレーニング効果の評価 (1999)
  • 花田 亜希子 ID: 9000255954343

    北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学分野 (2003 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第52回循環器負荷研究会 筋力トレーニングは低体力水準者において酸素摂取能力を改善する (2003)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256870180

    北海道大学医学部循環器内科 (1997 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第41回循環器負荷研究会 心不全患者の骨格筋代謝異常は,退行か適応か? (1997)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256871970

    北海道大学医学部循環器内科 (1998 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第43回循環器負荷研究会 慢性心不全患者の下腿局所トレーニング効果の検討:定常運動後回復期の骨格筋代謝と血流の検討 (1998)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256872025

    北海道大学医学部循環器科 (1998 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第44回循環器負荷研究会 総合討論 局所骨格筋定常運動時のクレアチン燐酸動態に関する検討 (1998)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256874127

    北海道大学医学部循環器科 (2000 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第47回循環器負荷研究会 慢性心不全患者の筋内代謝回復は骨格筋肉oxygen deliveryに制限される (2000)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256874196

    北海道大学医学部循環病態内科学 (2000 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第48回循環器負荷研究会 シンポジウム「心筋微小循環障害の評価と負荷試験」Syndrome Xを疑う症例に対する心筋虚血誘発試験 (2000)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256875436

    北海道大学医学部循環病態内科学 (2001 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第49回循環器負荷研究会 シンポジウム「心不全における運動能の規定因子」慢性心不全患者における運動時骨格筋代謝 (2001)
  • 花田 亜希子 ID: 9000256876727

    北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学 (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 第51回循環器負荷研究会 シンポジウム「心不全患者のおける運動療法のモニタリング手法」 心不全患者の運動耐容能およびリハビリテーション評価における末梢機能モニタリング手法 (2002)
  • HANADA Akiko ID: 9000003236629

    Department of Circulation, Hanada Hospital (2011 from CiNii)

    Articles in CiNii:26

    • A Study of the Transport of Three Dimensional Medical Images to Remote Institutions for Telediagnosis (2011)
    • 121.慢性心不全患者の骨格筋酸素摂取は血流の影響を受けない (1996)
    • 537.症候限界性坐位自転車エルゴメーターとトレッドミドル運動における作動筋の比較 : Magnetic Resonance ImagingとSpectroscppyを用いて (1996)
Page Top