Search Results1-20 of  20

  • 草深 竹志 ID: 9000002907991

    日生病院 外科 (1988 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 508 穿孔性腹膜炎における白血球減少症と増多症の対比(<特集>第26回日本消化器外科学会総会) (1985)
    • 603 当院に於ける胃原発非上皮性悪性腫瘍6例の検討(<特集>第31回日本消化器外科学会総会) (1988)
  • 草深 竹志 ID: 9000003462823

    大阪大学小児外科 (1994 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • E68 膵外性発育を示したAFP産生膵腫瘍の一例 (1994)
  • 草深 竹志 ID: 9000005849829

    大阪大学大学院医学系研究科小児成育外科学 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 再発時腹水中に腫瘍細胞が出現した若年型顆粒膜細胞腫の一例(卵巣・その他1-(3), 第44回日本臨床細胞学会秋期大会) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000006021238

    大阪大学小児外科 (1999 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • D-45 腫瘍破裂を来し緊急処置を施行した小児腫瘍症例の検討(Oncologic Emergency (2)) (1997)
    • F48 神経芽細胞腫における血管新生因子に関する免疫組織学的検討(腫瘍(1)) (1999)
  • 草深 竹志 ID: 9000364844889

    Articles in CiNii:1

    • 17.再発後,治療抵抗性を示したstage II腎芽腫症例(第1回日本ウィルムス腫瘍スタディー研究会,研究会) (2004)
  • 草深 竹志 ID: 9000364848552

    大阪大学小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • W1-3 切除不能肝芽腫に対する生体肝移植の経験(合同ワークショップ 難治性小児がん・白血病の治療戦略,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364848854

    大阪大学小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • E1-2 小児がん専門医制度をめぐる現状と今後の方向性(イブニングセッション 小児がん専門医制度を考える,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364867771

    大阪大学小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OP14-3 der(16)t(1;16)の存在が特異的融合遺伝子EWS-CHOPの証明につながった稀なMyxoid liposarcomaの小児発生例(ポスター 骨軟部腫瘍3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364868022

    大阪大学大学院医学系研究科外科系臨床医学専攻外科学講座小児成育外科学 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OP17-4 若年型顆粒膜細胞腫(Juvenile granulosa cell tumor)再発の一例(ポスター 奇形腫2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364868077

    大阪大学小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:3

    • OP18-7 腹腔内精巣原発成熟奇形腫の一手術例(ポスター 奇形腫3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
    • OP15-3 小児の耳下部に発生したDermatofibrosarcoma Protuberansの1例(ポスター 骨軟部腫瘍4,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
    • OP6-2 1歳台に臨床発見された神経芽腫症例の検討 : 18ヵ月未満発見症例は予後良好か?(ポスター 神経芽腫6,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364869742

    大阪大学小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OP46-2 化学療法による腫瘍縮小を得られなかったWilms腫瘍の一例(ポスター 腎芽腫3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364869908

    日本小児外科学会悪性腫瘍委員会 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • OP48-1 <守る会助成課題>地域がん登録とも連携した小児がん各種登録一体化システムの構築(ポスター 守る会助成課題1,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364869937

    乳児神経芽腫委員会 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • OP48-3 <守る会助成課題>乳児神経芽腫全国統一治療プロトコールの実施(ポスター 守る会助成課題1,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
    • OO10-3 乳児神経芽腫プロトコール登録例における再発症例の検討(口演 神経芽腫(治療),第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) (2005)
  • 草深 竹志 ID: 9000364874970

    日本大学医学部外科学講座小児外科部門 (2006 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • 24EL5 小児期にみられる縦隔腫瘍について(教育講演5,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
  • 草深 竹志 ID: 9000364875349

    日本大学小児外科 (2006 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • 24WS2-1 全身放射線照射を併用した大量化学療法後の進行性神経芽腫患者の晩期障害(ワークショップ2 2次がん,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
    • 24OP2-8 2年9ヵ月の無治療経過観察中に腫瘍増大をみとめ摘出治療を行ったマススクリーニング発見神経芽腫の一例(ポスター NBL(臨床),第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
  • KUSAFUKA Takeshi ID: 9000253341352

    大阪府立母子保健総合医療センター小児外科 (1989 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • A CASE REPORT OF DUODENAL LIPOMA (1989)
  • KUSAFUKA Takeshi ID: 9000253342176

    Department of Surgery, Nissei Hospital, Osaka (1989 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • TWO CASES OF MALE BREAST CANCER (1989)
  • KUSAFUKA Takeshi ID: 9000364875888

    Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • BMCC1/EF1A1 Complex Regulates Differentiation of Neuronal Cells Via the NGF/TrkA Signaling Pathway (2012)
    • 24OO3-5 神経芽腫よりクローニングした新規TrkA結合蛋白質Shfの機能解析とその神経芽腫における意義について(口演「NBL」,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) (2006)
  • Kusafuka Takeshi ID: 1000070263267

    Articles in CiNii:217

    • 神経芽腫マス・スクリーニングの全国集計結果 : 1999年度, 2000年度とこれまでの集計 (2003)
    • Successful treatment for a PRETEXT-IV hepatoblastoma case presenting with multiple lung metastases (2002)
    • マススクリーニングで発見され無治療で経過観察された神経芽腫82例 : 日本小児がん学会 平成10年-13年度神経芽腫委員会報告 (2002)
  • Kusafuka Takeshi ID: 9000014358622

    大阪大学大学院医学系研究科小児外科 (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:8

    • The actual status of the treatment for children with hepatoblastoma in the institutes precitating the conference of childhood oncology (2002)
    • H20 日本小児肝癌スタディグループ : 3ヶ月男肝芽腫、3ヶ月男肝芽腫 (1993)
    • G38 保存的療法を行った肝血管腫症例の検討 (1993)
Page Top