Search Results1-11 of  11

  • 藤原 由香里 ID: 9000015329396

    Articles in CiNii:1

    • A usefulness of the self assessment chart of diabetic foot lesion to continuous self management (2009)
  • 藤原 由香里 ID: 9000250466986

    兵庫教育大学大学院 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • PA-007 教育実践の記述に表れた教師の自己認識について(原理・方法,ポスター発表) (2012)
  • 藤原 由香里 ID: 9000250468234

    兵庫教育大学大学院 (2012 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • PE-093 即興演劇の場におけるコミュニケーションについての一考察 : 身体と思考の関係に着目して(社会,ポスター発表) (2012)
  • 藤原 由香里 ID: 9000311492107

    八幡市立美濃山小学校 (2014 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • JA07 偶発的・即興的に生起する学びの探究 : 明日の教育をパフォームする実験的発表(自主企画シンポジウム) (2014)
  • 藤原 由香里 ID: 9000404487933

    Articles in CiNii:1

    • 表現を引き出す学びのしかけ : 関係・動機・状況をドラマでつくる (特集 表現系のワークショップで学びが活性化する!) -- (表現のワークショップ・わたしの実践) (2012)
  • 藤原 由香里 ID: 9000404487963

    Articles in CiNii:1

    • アクティビティのデザイン : 「ねらい」と「あそび」を埋め込む (特集 授業ファシリテーション10のワザで子どもの学びが変わる!) -- (授業ファシリテーション・わたしの実践) (2013)
  • 藤原 由香里 ID: 9000404488823

    Articles in CiNii:1

    • ゲーム・アクティビティの開発 : 創造と統合の機会として (ゲーミフィケーションでつくる! : 主体的・対話的で深い学び) -- (ゲームの導入で授業が変わる) (2017)
  • 藤原 由香里 ID: 9000406372527

    Articles in CiNii:1

    • 表現しながら理解を深める学び方 : 演劇的手法を活かした授業づくり (学び手中心の授業の始め方 : 授業開き、年間計画、7つのツール) -- (10の学び手中心の活動型授業 授業開き&年間計画) (2019)
  • FUJIWARA Yukari ID: 9000001142088

    Department of Pediatrics, Sakura Hospital, Toho University School of Medicine (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:2

    • Clinical Investigation of Refractory Epilepsies in Childhood (2002)
    • Severe Myoclonic Epilepsy in Infancy (2002)
  • FUJIWARA Yukari ID: 9000001611200

    First Department of Pediatrics, Toho University School of Medicine (2002 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Usefulness of Imaging in Infants with Vascular Ring (2002)
  • Fujiwara Yukari ID: 9000021556262

    Department of Pediatrics, Sakura Hospital Toho University School of Medicine (2005 from CiNii)

    Articles in CiNii:1

    • Examination about Manifestation Mechanism of Hyperuricemia in Sodium Valproate Administration Patients (2005)
Page Top